ムフ島でのショートトリップ Short trip at Muhu island

7月19日

エストニア13日目・ムフ島11日目

 

今日は3日ぶりにLiivaへ。

 

朝10時にOad ja EedのレッスンルームでTiinaやAstaさん達と待ち合わせ。合計5人でレッスンメイトのMarikaの家へ遊びに行きました。

 

彼女の家はムフ島の南側。

 

ムフ島はかなり広い島で、私は今まで東西だけは行ったことありますが北と南には行ったことがありません。

 

そんな私の為に南側を案内してくれることに。

 

 

Marikaの家へ行く途中、Tiinaの新居へ立ち寄りました。

 

これから住む新居は古い一軒家をリノベーションしたお家で、とてもとても素敵でした。

 

暖炉やサウナがあってインテリアも素敵☆

もし来年またムフ島へ行くことになったらTiinaの新居に泊めてくれないかしら(笑)

 

 

素敵なお庭♡

 

 

Tiinaの新居を見た後、Marikaの家へ。

 

Marikaとシェパード犬がお出迎え、そしていきなり犬に胸を先制パンチをされました。

 

ビックリ!

犬も外国人は分かるのですね。

やたら絡んでくるので、ちょっと怖かった(笑)

 

Marikaのお家はたくさんのお花と野菜を育てています。

 

どのお家も野菜や果物は基本自給自足。 

みなさん必ずトマトやキュウリ、イチゴを育てています。 

あとバラも。

 

お庭を見た後、お家の中へ。

 

どの部屋にも窓にはクロッシェレースのカーテン。それは、方眼編みでお花柄だったりします。

ソファにはムフ刺繍のクッションが。

 クロッシェレースのカーテンは私も作って窓に飾りたいなと思ってしまった(笑)

 

刺繍や編み物、色々なハンドメイドが溢れているお家。

 

本当に素敵。

 

私はいつも仕事での物作りばかりで自分の為に作ることがほとんどありません。これからは少し自分の為に作ることをしたいな。

 

一通りお家の中を見た後、ダイニングでコーヒーを飲みました。

 Marikaが作ったバジルとオリーブオイルのディップが美味しかった♪

 

 

Marikaとさよならをして、ムフ島の南、東サイドをぐるっと案内してもらい再びLiivaへ。

 

今日がLiiva最後のレッスンということもあり、Oad  ja Eedの皆さんからプレゼントを頂きました。

 

思わず涙が出そうになっちゃった。

また来年も来ることを約束して、みんなで記念撮影。

 

 

Oad  ja Eedの皆さんと

 

 

Oad  ja Eedの皆さんのお陰で本当に毎日楽しくて、往復1時間40分の道のりも全然苦ではなかった。

 

そして、この後Astaさんとの最後のレッスンです。

 

続く。

 

 

 

19 July
Estonia Day 13 · Muhu Island Day 11
 
Today,I went to Liiva after 3 days.

 

At 10 o'clock in the morning,we met with Tiina and Asta in the lesson room of Oad ja Eed. A total of 5 people went to Marika 's house of lesson mate.

 

Her house is on the south side of Muhu island.

 

Muhu island is a rather wide island and I have been to the east and west only until now but never been to the north and the south.

 

They will show me the south side for me.

 

On my way to Marika 's house, we stoped by Tiina' s new house.

 

The new residence that she will live in a house which renovated an old house, it was very very nice.

 

There is a fireplace and a sauna and the interior is nice,too ☆

 

If I go to Muhu island again next year I wonder if I could stay at Tiina's new house (laugh)

 

(photo1)

Lovely garden♡

 

After seeing Tiina's new house, we went to Marika's house.

 

Marika and Shepherd dog greeted us, and suddenly the dog was punched to my chest.

 

I was surprised!

Dogs understand foreigners too, do not they?

I was scared a bit because the dog was getting involved (laugh)

 

Marika's house is growing a lot of flowers and vegetables.

 

Every house has basic self-sufficiency of vegetables and fruits.
Everyone surely grows tomatoes, cucumbers and strawberries.
Also roses,too.

 

After watching the garden, we went to inside the house.

 

In every room curtains of crocheted lace are at the window. It is a flower pattern with a grid.

Muhu embroidery cushion on the sofa.
 I thought that I want to make curtain of crochet lace and decorate it on the window (laugh)

 

A house full of embroidery and knitting, various handmade.

 

Really wonderful.

 

I always make things at work and rarely not make for me. From now on I want to make something for myself.

 

After having seen the inside of the house, we drank coffee at the dining room.
 Basil and olive oil dip made by Marika that it was delicious ♪

 

Let's say goodbye to Marika and they guided me around the southern and eastern side of Muhu island then we went to Liiva again.

 

Today is also the last lesson of Liiva,I got a present from everyone of Oad  ja Eed.

 

I began to feel tears without thinking.

 

I also promised to come next year,we took a memorial photo with everyone.

 

(photo2)

With everyone of Oad  ja Eed

 

Thanks to everyone of Oad ja Eed, I really enjoyed it everyday, and the road for 1 hour 40 minutes round trip was not at all a pain.

 

And after that,it is the last lesson with Asta.

 

Continue.

続きを読む >>

ムフ刺繍を極めたい I'd like to reach Muhu embroidery

エストニア12日目・ムフ島10日目

 

朝10時からSirjeさんのムフ刺繍レッスン☆

 

滞在先から歩いて15分ほどの所にSirjeさんのMänniku Käsitööbaがあります。

 

自転車で行けばギリギリ間に合うな〜なんて思っていたら、いきなりの大雨。

 

仕方なく歩いて行きました。

 

昨日家で刺繍したパーツをSirjeさんに見てもらい、今日は違うパーツを使ってレッスン。

 

ムフ刺繍で必ず使われるモチーフのいちごと麦や花などの刺繍を学びました。

 

 

この日習ったモチーフパーツ

 

 

いちごが意外に難しかった。

これは何回も練習して綺麗に刺繍出来るようになりたいと思いました。

 

2日で合計8時間、ムフ刺繍の基本をSirjeさんから全て教わりました。

あとは日々練習あるのみです。

 

これからラトビアやリトアニアへのバス移動の中の時間を使って刺繍したいな。

 

絵を描くような感覚で刺繍しなさいとSirjeさんにアドバイスされ、頑張ってムフ刺繍を極めたいです。

 

まずは帰国したらムフスカート(seelik)の裾テープに刺繍しなくては。

 

そして、木曜日から3日間はSirjeさんのアトリエで研修。

 

この2日で習ったことを活かし、ブランケットに蝶々を刺繍します。

 

いきなりの大物。果たして出来るのか?

 

楽しんで頑張ります!

 

 

Estonia Day 12 · Muhu Island Day 10
 
Sirje's Muhu embroidery lesson from 10 am☆

 

There is Sirje's Männiku Käsitööba about 15 minutes on foot from my accommodation.

 

If I thought it would be not late to go by bicycle, suddenly heavy rain.

 

Reluctantly,I went to there by walk.

 

I asked Sirje to comfirm the parts that I embroidered at accommodation yesterday,and today I will use different parts lessons.

 

I learned embroidery such as motif strawberries and floral and barley that are sure to be used in Muhu embroidery.

 

(photo)

The motif parts I learned this day

 

 

Strawberrys were surprisingly difficult.

I wanted to practice it many times and want to be able to beautiful embroider.

 

Total of 8 hours in 2 days, I learned the basics of Muhu embroidery all from Sirje.
After that every day I have to practice.

 

I'd like to embroider using the time during the bus transfer to  Latvia and Lithuania.

 

Sirje advised me to embroider with a sense like drawing a picture, I want to persevere to Muhu embroidery.

 

First of all I have to embroider Muhu skirt (seelik) 's hem tape after I return home.

 

And, I will conduct training at Sirje's atelier for three days from Thursday.

 

Utilizing what I learned in the last two days that I will embroider butterflies in a blanket.

 

Quite a big deal.Can I really do it?

 

I will try my best!

 

続きを読む >>

ムフ刺繍を学ぶ Muhu embroidery learning

エストニア11日目・ムフ島9日目

 

今日から「Männiku Käsitööba」でSirjeさんのムフ刺繍レッスン☆

 

滞在先からSirjeさんのアトリエまで歩いて10分。

 

緊張しながら到着。

 

 

Sirjeさんがペイントした看板

 

 

 

お手製のかかしが立っています

 

 

ゲートをくぐるとSirjeさんが笑顔で出迎えてくれました。

 

今日はムフ刺繍の基本的な刺し方を教わるため、Sirjeさんが描いたイラストのピースを使って刺繍しました。

 

ムフ刺繍の基本はロング&ショートステッチかと思っていましたが、刺し方が少し違っていました。(Sirjeさん独自の刺繍の仕方かもしれないですが)

予想より難しく、なかなか思い通りに刺繍出来なかった。

 

ちゃんとしたルールがあるわけではないけど、Sirjeさんが刺繍の仕方を紙にイラストを描いて説明してくれました。

 

ムフ刺繍の基本となるお花とマーガレット、葉っぱなど、それぞれの刺繍の仕方を彼女から教わりました。

 

今日、4時間教わって刺繍したものがこれです。

 

今日のレッスンで刺繍したパーツ

 

 

Sirjeさんが滞在先で続きをやるように言われました。

 

どの先生も厳しい(笑)

 

実は今日Sirjeさんは私と会うまでかなり緊張して、朝4時に目が覚めちゃったと告白。

 

なんか、可愛い。

 

お互い緊張がほぐれて楽しい時間を過ごすことが出来ました。

 

 

Estonia Day 11 · Muhu Island Day 9

From today,I start Sirje's Muhu embroidery lesson at   "Männiku Käsitööba" ☆

 

It is ten minutes walk from Käspri to Sirje's atelier.

 

I got nervous and arrived.

 

(photo1)

A sign painted by Sirje

 

(photo2)

A hand-made scarecrow is standing

 

Sirje greeted me with a smile when I passed through the gate.

 

Today I embroidered using an illustration piece drawn by Sirje in order to learn the basic way of stabbing Muhu embroidery.

 

I thought that the base of Muhu embroidery was long & short stitch, but the way of embroidery was a little different.(Maybe Sirje's own way of embroidery.)

It was harder than I expected and I could not embroidered.

 

There is not a proper rule, but Sirje explained the way of embroidery by drawing illustrations on paper.

 

I learned  from her how to embroider each flower, Margaret, leaf etc which is the basis of Muhu embroidery.

 

This is what I have larned for 4 hours today and embroidered.

(photo3)

Embroidered parts in today's lesson

 

Sirje was told me to embroidered  the rest at the accomodation.

 

Every teacher are strict(laugh)

 

Actually, today she was very nervous untill she meets me, confessed she woke up at 4 am.

 

Something's cute.

 

I was able to spend a pleasant time as the tension went away from each other.

 

続きを読む >>

ムフ手袋レッスン Muhu Kindad

エストニア10日目・ムフ島8日目

 

今日はAstaさんのレッスン☆

手術後、初めてのレッスンです。

 

実はエストニアに来る前、Astaさんは目の手術を受けるのでレッスン出来ませんと断られていました。

 

手術前に1日だけでもレッスンして欲しいとお願いしたら手術前に2回、手術後に2回合計4回もレッスンして貰い本当に幸せ。

 

Astaさん、元気そうで安心しました。

 

 

今日はムフ手袋の基本的な編み方について教わりました。

 

Astaさんとは基本エストニア語。

分からないながらも、会話が成り立つのが不思議。

 

すごく丁寧に教えて下さるので、とても分かりやすい!

 

 

 

アスタさんが編んでくれた見本

 

下から2色の作り目(2本)

 

2色のnupid

 

2色のkeerukorrad

 

 

作り目はキフヌと共通していて、2色の糸を使って編みます。

 

日本とは少し手の動かし方が違います。

キフヌでは基本この作り目1本ですがムフでは2本の場合もあり、2本入れて編みました。

 

作り目の上に立体的な「nupid」も2色で編みます。

2色の糸を2目ずつガーター編みをします。

 

更にもう一つ特徴的なのは「keerukorrad」という編み方。

これも2色の糸を使って編みますが、編み方は簡単でした。

このラインを入れるだけでnupidが引き立ちます。

 

そして「keerukorrad」を編んだ後、ムフの模様を編み込みました。

 

今日はムフ模様の途中で終了。

 

次回までにムフ模様編みを完成してくるという宿題が出されました。

 

こちらに居ても忙しい生活(笑)

 

明日からいよいよSirjeさんの刺繍レッスン。頑張ります!

 

 

Estonia Day 10 · Muhu Island Day 8

Today is Asta's lesson☆

The first lesson after surgery.

 

Actually, before coming to Estonia, Asta was declined to not be able to take lessons because she will underwent surgery for her eyes. I asked that I want to take lessons if she possible even one day before surgery, I am truly happy that I take lessons twice before surgery and twice after surgery for a total of 4 lessons.

 

Asta, I was relieved that she looks fine.

 

Today I learned about basic knitting method of Muhu gloves.

 

All the lessons were in Estonian, but a strange relationship that the conversation is established properly.

 

Her lessons was polite and very easy to understand.

(photo)
A sample by Asta knitting
Making 

The  cast-on of two colors from the bottom(2)
2 colors of nupid

2 colors of keerukorrad

The cast-on is common with Kihnu, knitting with two color threads.

How to move hands is slightly different from Japan.

In Kihnu it is one basic making stuff, but in Muhu there are also two cases, we put two and knit it.

I also knit three-dimensional "nupid" on the cast-on with two colors.

I will garter two threads of two colors one by one.

 

Another more characteristic is the way of knitting "keerukorrad".

I also knit using two threads of yarn, but the knitting was easy.

Just by inserting this line, nupid stands out.

 

After knitting "keerukorrad", we knitted Muhu's pattern.

Today ends in the middle of the Muhu pattern.

She give me homework that Muhu pattern knitting will be completed by the next time.

Even though I stay here, I'm a busy life (laugh)

 

Sirje's embroidery lesson will start from tomorrow. I will do my best!
 

ムフスカートレッスン終了 Muhu skirt lesson end

エストニア9日目・ムフ島7日目

 

 

今日はTiinaのムフスカート(Muhu seelik)レッスン最終日。

 

スモッキングを少し直してからベルト付け。

 

スモッキングに厚みがあるので、家庭用ミシン(日本のJANOMEでした)で縫えるのか疑問でしたが、心配することなく縫えました。

 

でも少し失敗したので、帰国してから私のミシンで縫い直そうと思っています(笑)

 

月曜日からはMänniku KäsitöötubaでSirjeさんのムフ刺繍レッスンなので、スカートの裾の刺繍はSirjeさんと相談することにしました。

 

裾の刺繍大変そうだ。

 

なにせ3mのテープに2m50cmほど刺繍しなくてはいけないから。

 

帰国したらずっと刺繍してる気がする。

 

レッスン終了後、Tiinaと写真撮りました♪

 

 

 

 

実は彼女の本業は数学教師。

手仕事は趣味と言うが、早くて上手。

 

サーレマー島へ連れて行ってくれたりコーヒー飲んだり、楽しい時間をたくさん過ごしました。

ムフの美味しいレストラン情報も教えてくれて、私にとってお姉さんみたいな存在。

 

ありがとう〜Tiina!

 

 

Estonia Day 9 · Muhu Island Day 7


Today is the last day of Tiina's Muhu seelik lesson.

 

We fixed the smocking a little and attached the belt.

Because there is a thickness in smocking, I was wondering whether it would be possible to sew at home sewing machines (which was JANOME in Japan), but I could sew without worrying about it.

 

But since I failed a bit, I think I will re-sew with my sewing machine after returning Japan.

 

From Monday it is Ms.Sirje's Muhu embroidery lesson at Männiku Käsitöötuba, so I will be decided to consult Sirje with the skirt hem embroidery.
In case of
Embroidery at the hem seems to be tough.

 

Because I have to embroider 2m50cm on 3m tapes.

 

I feel like I will embroid all the time after returning home.

 

After the lesson, I took a photo with Tiina ♪

 

(photo)

 

Actually, she is mathematics teacher.
Handicrafts are said to be hobbies, but fast and skillful.

 

She took me to Saaremaa, even drink coffee and have a lot of fun time.

Also taught me good restaurant information of Muhu, like sister for me.
Thank you ~ Tiina! 

続きを読む >>

レッスン仲間 Lesson fellow

エストニア8日目・ムフ島6日目

 

昨日、スカートを作っていると突然マダムが部屋へ入って来て、私もスカートを作りたいと言ってきた。

 

彼女はムフスカート(seelik)と裾に付ける刺繍のテープを持っているらしい。

 

1日だけ一緒にムフスカート(seelik)作りのレッスンを受けることに。

 

彼女が持っていた生地はかなり昔に織られた生地のようでした。

そして、裾に付ける刺繍のテープは今は亡き有名な刺繍作家さんが刺繍したもの。

 

ものすごく美しい刺繍。色使いも刺繍のステッチも何もかも美しい☆

 

 

 

 一つ一つが繊細で美しい刺繍

 

 

マダムの名前はMarika.

職業はドクター。

 

見た目の雰囲気、喋り口調が東京にいる私の大好きなマダムにソックリ。

 

 

 

Marikaと☆

 

彼女はたくさんハンドメイドの物をコレクションしているらしく、来週の水曜日Oad ja Eedの方達と一緒に自宅に招待してくれることに。

 

会ったばかりなのに自宅に招いてくれるなんて!とてもうれしかった。

 

 来週の水曜日が楽しみ♪

 

 

今日のレッスンでは私はひたすらスモッキング。

レッスン時間中に終わる予定だったのに終わらず、ステイ先に持ち帰って縫っています。

 

明日はスカートレッスン最終日。

ベルト付け出来る状況にせねば!

 

 

Estonia Day 8 · Muhu Island Day 6
 
Madam suddenly came into the room when I was making a skirt yesterday, and also said She wanted to make a skirt.

 

She seems to have fablic of Muhu skirt(seelik) and embroidery tapes to be attached to hem.
 
She will take a Muhu skirt (seelik) making lesson together for only one day.

 

She had a like fabric weaved long ago.
And the tapes embroided by a famous embroidery artist who passed away.

 

Very beautiful embroidery. Everything is beautiful that color usage and embroidered stitching☆

 

(photo1)

Each one is delicate and beautiful embroidery

 

The name of Madam is Marika.
Doctor in occupation.

 

Her atmosphere, talking tone is similar to my favorite madam living in Tokyo.

 

(photo2)

with Marika☆

 

She seems to be collecting a lot of handmade things, so she will invite us to her house with the people of Oad ja Eed next Wednesday.

 

She just met me that she invite me to her house! It was very happy.

 

In today's lesson I am smocking throughout lesson time.
Although it was scheduled to end during the lesson time, I did not end it, I take it home and sew it.

 

Tomorrow is the last day of skirt lesson.
I have to make a situation where I can attach a belt!

 

 

サーレマー島へ Go to Saaremaa

レッスン終了後、Tiinaさんがサーレマー島へ連れて行ってくれることになり、教室の前にあるレストランでランチ☆

 

彼女はサーレマー島の中心都市クレッサーレの美容院へ行くので、その間私は観光することに。

 

クレッサーレまでの道はずっと木、木、木のオンパレード。

 

同じ風景に睡魔が襲ってくる(笑)

 

毎日往復1時間40分、自転車でLiivaまで行っていたので疲れがピークだったように思う。

 

車で約40分くらいだったかな…

 

クレッサーレ到着!

ムフ島とは違い、タウンでした。

 

待ち合わせ場所を確認し、私はクレッサーレ城へ☆

 

 

 

中世の雰囲気たっぷりのお城

 

 

 

絵本のような風景

 

 

お城の中はまるで迷路。

 

 

 

廊下がとても素敵

 

 

 

男前なクマくんとパチリ☆

 

 

上の階ではエストニアの歴史博物館のようになっていて、戦争についての展示がかなり多くちょっと気分的にヘビーに。

 

 

唯一、戦後のタリンの生活の展示が可愛くて癒されました。

 

 

 

タリンの暮らし

 

 

 

 

カップ&ソーサーや刺繍のクロスが可愛い

 

 

 

 

オモチャたち

 

別棟の1階ではエストニアの植物や動物の展示。

 

 

 

またもクマくん

 

 

 

野生キノコの紹介

 

 

クレッサーレ城を一通り見終わって、クレッサーレの街をブラブラと歩きました。

 

 

 

クレッサーレの教会

 

 

 

 

クレッサーレのレストラン

 

クレッサーレもリゾート観光地ですが、ムフとは違いお店もいろいろあってちょっぴり都会。

 

待ち合わせ場所でTiinaと会い、スーパーへ。

 

私が今知る限りでは、エストニアには大きなスーパーが3軒あります。

Rimi、KOMSAM(coop)、SELVELの3軒。

クレッサーレではSELVELへ行き食材を買ってムフ島へ帰りました。

 

数時間のショートトリップでしたが、楽しかった〜。

 

Tiina、ありがとう〜!

 

 

After the lesson, Tiina will take me to Saaremaa, and we have lunch at a restaurant in front of the classroom ☆

 

She goes to the beauty salon of Kuressaare in the center city of Saaremaa, so during that time I go sightseeing.

 

The way to Kuressaare has always been a parade of trees, trees, trees.

 

A sleepy attacks the same landscape(laugh)

 

I went to Liiva by bicycle everyday that round trip 1 hour 40 minutes , so I think the tiredness peaked.

 

I think that it was about 40 minutes by car…

 

Arrive at Kuressaare!

 

Unlike Muhu island, it was a town.

 

I confirmed the meeting place, I go to the Kuressaare Castle ☆

 

(photo1)

A castle with plenty of the medieval atmosphere

(photo2)

Scenery like a picture book

(photo3)

The corridor is very nice

(photo4)

A handsome bear and a click ☆

 

On the upper floor it looks like a historical museum in Estonia, there are quite a lot of exhibits about war and it makes me feel a heavy.

 

The only exhibition after the war of Tallinn's life was cute and healed.

 

(photo5)

Life of Tallinn

(photo6)

Cup & saucer and embroidery cross are cute

(photo7)

Toys

 

On the first floor of a separate building is an exhibition of Estonian plants and animals.

 

(photo8)

Again, bear

(photo9)

Introduction of wild mushrooms

 

I finished watching the castle of Kuressaare and walked around the city of Kuressaare.

 

(photo10)

The church of Kuressaare

(photo11)

The restaurant of Kuressaare

 

Kuressaare is also a resort tourist destination, but unlike Muff there are various shops and a little city.

 

I meet Tiina and go to the supermarket.

 

As far as I know, there are three big supermarkets in Estonia.
Rimi, KOMSAM (coop) and SELVEL.
In Kuressaare we went to SELVEL and bought some ingredients and went back to Muhu.

 

It was a short trip for several hours, but it was fun ~.

 

Thank you〜,Tiina!

ムフスカートのスモッキング Muhu seelik kurrutamine

エストニア7日目・ムフ島5日目


今日は朝から雨。


ゲストハウスのMaiaさんが車でLiivaまで送ってくれました。


今日はベルト下のスモッキングをやります。


上から6本ベルトサイズに合わせてひだを寄せながらステッチしていきます。


一番最初のステッチが重要でそこがちゃんと決まれば、2本目3本目は綺麗にスモッキング出来ます。



前日にスモッキングしたのは開きから前中心手前の柄まで。


今日は前中心の次の柄から開きまで、約2.5mの布をスモッキングしていきます。


最初の1本を縫うのにかなり時間が掛かり、この日は結局2本分しか縫うことが出来なかった。



コーヒーブレイク中に話の流れで、Tiinaさんがレッスン後にサーレマー島に連れて行ってくれることになり、ちょっとしたプチ旅行にウキウキする私でした。



Estonia Day 7 · Muhu Island Day 5

It was rainy from morning today.
Maia sent me to Liiva by car.


I will do smocking for under the belt today.

I will stitch it while the fold according to the size of under the belt from top six lines.


If the first stitch is important and it is decided properly, the second line and third line can be smocking cleanly.


(photo)


I was smocking the day before, from the opening to the front center pattern.


Today, I will smock about 2.5 m of cloth from the front to the next pattern.


It took quite some time to sew the first line and eventually we could sew only two lines for this day. 


During the talk flow in the coffee break, Tiina will take me to Saaremaa Island after the lesson, it will be excited for a little petit trip.


ムフスカートを作る Muhu seelik

エストニア6日目・ムフ島4日目。

 

今日はTiinaさんによるムフスカートレッスン。

 

まずはスカートの説明。

 

前中心をどの柄にするのかを決めるところから始まります。

 

Tiinaさんが高校生の時に作ったスカート(Seelik)

 

 

太いライン〜太いラインの間に柄が2種類あり、どちらを中心にするかまず決めます。

 

私が作るスカート(seelik)の生地

Astaさんが織った生地です

 

 

上の写真の柄続きが下の写真の柄になります。

 

私は上の写真の柄を前中心にすることにしました。

前中心が決まったら、スカートを筒状に縫って開きを作ります。

 

開きが出来上がったらウエスト下をスモッキングします。

 

 

写真のようにスカートの前中心の部分はだけスモッキングはしません。

 

今日は開きから前中心手前の柄までをスモッキングして、レッスン終了。

 

レッスン終了前のコーヒーブレイクの時間に、ムフスカートについての素朴な疑問をTiinaさんに尋ねました。

 

ムフ島では黄色とオレンジ色のスカートがありますが、違いは一体なんなのか。

オレンジ色のスカートは第二次世界大戦前で、第二次世界大戦後から黄色のスカートになったそうです。

もっと昔は黒のプリーツスカートを着ていたようです。

 

ムフスカートの生地や歴史について学べた貴重な1日でした。

 

 

 

Estonia Day 6 · Muhu Island Day 4.

Today Muhu skirt lesson by Tiina.

First of all, the skirt explanation.

 

It starts with deciding which pattern to use for the front center.

 

(photo1)

Skirts made by Tiina as a high school student (Seelik).

 

There are two kinds of patterns between the thick line and the thick line, so decide which one to use as the center.

 

(photo2)

The fabric of the skirt (seelik) I make.
It is a fabric woven by Asta.

 

(photo3)

 

The pattern on the top of the picture becomes the handle of the bottom photo.

 

I decided to front center the pattern of the photo above.
When the front center is decided, sew the skirt in a tubular shape to make a open.
I will smocking under the waist when the open is finished.

 

(photo4)

 

As in the photograph, the front center part of the skirt does not smock embroidery only.

 

Today, smocking from the opening to the pattern before the front center, the lesson ends.

 

At the time of the coffee break before the end of the lesson, I asked Tiina a simple question about Muhu skirt.

 

There are yellow and orange skirts on Muhu, but what is the difference?

Orange skirt was before the World War , and it seems that became a yellow skirt after World War II.

It seems that they wore a black pleated skirt a long time ago.

 

It was a valuable day that I learned about Muhu skirt's fabrics and history.

 

ムフミュージアムにて Muhu muuseum

ゲストハウスに戻って、夕飯までの時間お隣のムフミュージアムへ行きました。

昨年の8月に訪れた場所。


久しぶりに行ってみると、ムフスカートに着けるエプロンの展示をやっていました。

 

 

エプロンの裾にクロスステッチ刺繍とクロッシェレース

  

 

 

クロスステッチ刺繍とビーズ刺繍

 


カラフルな色使いと細かな刺繍が美しくて見ているだけで幸せ。

エプロンの展示を見終わって、ムフの民族衣装が展示されている場所へ行きました。


 

ここにムフ島の民族衣装が展示されています

 

 

 

博物館へ近づくと、窓からジーッと私を見ている人がっ!

 

去年ガイドして下さったムフミュージアムの館長さんでした。

 

私のことを覚えていてくれて、感動〜♪

私がムフに手芸を学びに来たことを物凄く喜んで下さいました。

 

明日からいよいよムフスカート(seelik)作り!楽しみです☆



Back to the guest house, I went to Muhu Museum next door until dinner time.

I visited the place last August.


When I went there, an exhibition of aprons to be put on Muhu skirt at that museum was held.


(photo1)

Cross stitch embroidery and crochet lace at the hem of the apron.


(photo2)

Cross stitch embroidery and bead embroidery.


I am happy just seeing colorful color usage and fine embroidery looking beautiful.
I finished watching the apron's exhibition and went to a place where Muhu's national costume was exhibited.


(photo3)

Muhu's national costume is displayed here


As I approached the museum, there is people who are watching me from the window!
 
It was the director of the Muhu Museum who guided me last year.

 

He remembered me, I was impressed ~ ♪
He was extremely pleased that I come to learn handicraft for Mufu.


From tomorrow I will make a Muhu skirt (seelik)! I am looking forward to it☆