おとぎの島キフヌ

JUGEMテーマ:バルト三国

 

 

こんにちは。

 

今日も良いお天気ですね。

皆さん、お花見はされましたか?

私はまだまともにお花見していないので、週末お花見に出かけようかと思っています。

 

 

先週のツアープレイベントから早いもので1週間経ちました。

ツアーのお申し込み締め切りは4月27日までですが、お得な早割は本日まで。

ツアーへ参加したいと思っている方は、是非本日中にお申し込み下さいね。

 

 

 

ここのところのブログではお知らせが続いていましたが、本日は久しぶりにツアーで巡る場所をご紹介したいと思います。

 

ツアーでは3日目ではパルヌからムナライドへ行き、フェリーにてキフヌ島へ行きます。

 

2年前初めてキフヌへ行った時、身体中に電気が走るような感覚を経験しました(笑)

 

まるでおとぎの国のようなキフヌ島。

目にするものが全て可愛かった〜。

 

 

キフヌ行きのフェリーはこんな感じ。

キフヌの伝統柄がフェリーに描かれていて素敵。

 

 

 

 

 

売店のコーヒー美味しいですよ。デニッシュなども販売しています。

 

約1時間の船の旅。

 

フェリーを降りると赤いスカートを着ている人をチラホラ見かけます。

 

 

 

それでは、キフヌの見どころをご紹介。

 

 

 

島の観光スポットでもある灯台

 

 

 

2年前の沼田元氣さんのツアーでキフヌ島を訪れた際は灯台へ行きました。

 

 

 

灯台の中

階段はかなり怖いです

 

 

 

かなり古い灯台で、ツアー参加者の皆さんとギシギシ音がする階段を登っていき、灯台の屋上まで登りました。

めちゃくちゃ怖いです(笑)

でも海が一望出来、白鳥の群れを見ることが出来ました。

 

 

水平線手前の白い点々のようなものは白鳥の群れです

 

 

正直、登るより降りる方が怖かった記憶があります。

私としては登ることはあまりお勧めしないかな。

 

 

 

キフヌ島の中央にあるキフヌ博物館。

 

 

 

 

キフヌの文化や歴史、そして民族衣装が見れて楽しいです。

 

 

 

キフヌの民族衣装kört(クルト)

 

 

 

 

 

キフヌの民族衣装であるブラウス

 

 

 

 

男性の民族衣装トロイ

 

 

 

 

今回のツアーではこの場所でベルト織りのワークショップを行う予定です。

 

 

 

木の台に掛けて指を使って織っていくベルト織りです

 

 

 

 

 

博物館の前にある教会も素敵。

 

 

キフヌ島に唯一ある教会

 

 

 

 

そして、必ず今回のツアーで訪れる、私の師匠Ärmä Roosiさんのアトリエ。

こちらでおばあちゃんと子供のコンサートが観れると思います。

 

Roosiさんのアトリエの前で歌と踊りのコンサート

 

 

 

おばあちゃん達と子供の歌と踊りのコンサートがあり、Roosiさんとキフヌのガイドさんによる民族衣装の説明もあります。

夢のような世界を体験出来ますよ。

 

コンサートの後、アトリエ内を見学したりおばあちゃん達のハンドメイド商品をお買い物することが出来ます。

 

 

 

この日の夕方、キフヌからムフ島へ移動します。

 

今日はここまで。

 

 

 

ラインラインラインラインラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインライン

 

「ラトビア森の民芸市とエストニア可愛い手芸を巡る旅」

ツアー参加者募集中です。

 

ツアーのお申し込み締め切りは4月27日(金)まで。

 

お得な早割は本日3月30日(金)までです!

 

お申し込みはお早めに〜!!

 

 

ツアーの詳細、お申し込みはこちら

ジェーアイシー旅行センター株式会社

「ちくちくバルト舎と行く ラトビア森の民芸市とエストニア可愛い手芸を巡る旅」

http://www.jic-web.co.jp/tour/russia/n1_3037.html

 

 

お申し込みお待ちしております。

ラインラインラインラインラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインライン

 

 

 

 

 

続きを読む >>

ムフ刺繍入門講座のお知らせ

JUGEMテーマ:刺繍

 

こんにちは。

今日もお天気良く絶好のお花見日和ですね。

 

 

本日はお知らせです。

すでにHPやTwitterなどで告知していますが。

 

 

昨年の夏、エストニアで手芸修行を行いました。

編み物、刺繍、織物など。

その中の一つであるムフ島の伝統手芸であるムフ刺繍を短期間ではありましたが、集中して習得いたしました。

 

帰国後、日本初のムフ刺繍作家として活動を開始。

 

まだまだ製作物も少ないので、作家と言って良いものか分かりませんが・・

現在は自分のオリジナル商品の製作とワークショップを行っています。

 

この度、ご縁あって出版社である左右社様の青山地下スクールにてムフ刺繍の入門講座を開講することになりました。

 

4月20日(金)〜7月27日(金)の期間で全8回の講座となります。

 

モチーフを刺繍しながらアイテムを作り上げていきます。

基本的な刺し方から応用までを学んで頂けるカリキュラムとなっています。

 

 

 

 

カリキュラムは下記の通り

 

第1回目(4/20) マーガレットのワンポイント刺繍

第2回目(4/27) ヤグルマギクと麦穂の刺繍ハンカチ

第3回目(5/11) イチゴ刺繍のピンクッション 1回目

第4回目(5/25) イチゴ刺繍のピンクッション 2回目

第5回目(6/15) シロツメクサとクローバーの刺繍

第6回目(6/29) ムフ島花ブーケがま口ミニBag 1回目

第7回目(7/13) ムフ島花ブーケがま口ミニBag 2回目

第8回目(7/27) ムフ島花ブーケがま口ミニBag 3回目

 

 

第3回と4回は2回で1つの作品を仕上げます。

第6回、7回、8回は3回で1つの作品を仕上げます.

 

 

講座の詳細、お申し込みは

左右社様のホームページよりお願い致します。

 

左右社青山地下スクール

http://sayusha.com/school/p201803262033

 

 

お申し込みお待ちしています☆

 

 

 

 

 

 

ラインラインラインラインラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインライン

 

「ラトビア森の民芸市とエストニア可愛い手芸を巡る旅」

ツアー参加者募集中です。

 

ツアーのお申し込み締め切りは4月27日(金)まで。

 

早割は明日3月30日(金)までです!

 

お申し込みはお早めに〜!!

 

 

ツアーの詳細、お申し込みはこちら

ジェーアイシー旅行センター株式会社

「ちくちくバルト舎と行く ラトビア森の民芸市とエストニア可愛い手芸を巡る旅」

http://www.jic-web.co.jp/tour/russia/n1_3037.html

 

 

お申し込みお待ちしております。

ラインラインラインラインラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインライン

続きを読む >>

ツアープレイベント報告

JUGEMテーマ:バルト三国

 

 

おはようございます。

 

東京は桜が満開しましたね。

お天気も良く絶好のお花見日和☆

ようやく春がやってきたなと感じます。

 

 

さて、4日前の土曜日に「ラトビア森の民芸市とエストニア可愛い手芸を巡る旅」のツアープレイベントを開催しました。

イベントには21名の方が参加して下さいました。

お忙しい中、ご参加下さいまして誠にありがとうございました。ご参加下さった皆様に感謝いたします。

 

 

今日はブログでイベント時の様子などをご報告したいと思います。

 

 

18時開場と共に参加者の方が入場。

まずはエストニア雑貨のお買い物を楽しんでいただきました。

 

ちくちくバルト舎で人気のエストニアソックス☆

ムフ刺繍柄やエストニアの民族衣裳に使われている柄など

今回は新しい柄も入荷しました

 

 

 

やはり人気はエストニア老舗メーカーのソックス。

online shopに載せていないものが一気に売れてしまいました。

ありがとうございます。

 

 

そして同じテーブルではエストニアの民族衣裳や手仕事の展示もいたしました。

 

エストニアの民族衣裳や手仕事の展示

 

 

 

みなさん展示にも興味津々でした

 

 

説明会は予定より少し遅れて始まり、はじめにジェーアイシー旅行センターの杉浦さんからご挨拶。

そして私の紹介を経て、参加して頂いた皆さんに簡単な自己紹介をして頂きました。

 

 

今回参加して下さった7〜8割くらいの方がバルト三国の手芸に興味を持って下さっていることを知り、

ちょっと驚いたと共にすごく嬉しかったです。

 

 

そしてこの日は会場のFARO COFFEE & CATERINGさんがバルト三国をイメージしたお食事を作ってくださり、

ちくちくバルト舎が持ち込んだムフ刺繍がプリントされたペーパープレートを使って頂きました。

 

人数分並ぶと圧巻ですね

 

 

 

 

右手前から時計回りにピンクの冷たいビーツスープ、エストニアオイルサーディンのスモーブロー

リトアニアのスィーツ「ティンギニス」、トマトとキュウリのサラダ、マッシュポテト

 

 

ピンクの冷たいスープとペーパープレートがマッチしてとても素敵でしたよ☆

 

 

お食事を頂きながら、ツアーの説明をスタート。

 

 

今回、説明するにあたって事前にスライドショーを作ってきたので、そちらのスライドを見ながらツアーで訪れる場所を説明。

説明しながら、昨年手芸留学をした際のお話なども交えました。

 

 

スライドを映しながら旅で訪れる場所や手仕事の話をしました

 

 

 

説明会には私がバルト三国にハマるきっかけとなった2年前のツアー主催者である沼田元氣さんもいらして下さったので、

旅のお話やエストニアのお話など補足して下さり助けて頂きました。ありがとうございます。

 

 

質問タイムでは手芸についての質問が多く、やはり興味を持っている方が多いのだなあと感じました。

 

 

説明の途中でキフヌのスカートや私が手芸留学で作ったハープサルレース、ムフ刺繍、など資料をみなさんに手にとって見て頂いたりもしました。

 

約1時間半のイベントでしたが、とてもディープな内容だったように思います。

 

 

 

今回のツアーは私、荒田起久子も同行いたします。

イベントで要望があった手芸用品や毛糸などのお店、タリンのアンティークマーケットなどもご案内したいと思っています。

ワークショップなどのサポートもさせて頂きますので、是非一緒に旅をしてみませんか?

 

 

ツアー参加者募集中です。

 

ツアーのお申し込み締め切りは4月27日(金)まで。

 

早割は今月30日(金)までです!

 

お申し込みはお早めに〜!!

 

 

ツアーの詳細、お申し込みはこちら

ジェーアイシー旅行センター株式会社

「ちくちくバルト舎と行く ラトビア森の民芸市とエストニア可愛い手芸を巡る旅」

http://www.jic-web.co.jp/tour/russia/n1_3037.html

 

 

 

お申し込みお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む >>

パルヌの楽しみ方

JUGEMテーマ:バルト三国

 

 

おはようございます。

昨日はFARO COFFEE & CATERINGさんの2周年記念イベントに参加してきました。

たくさんのお客様からバルト三国について尋ねられたりして楽しい時間を過ごすことが出来ました。

ありがとうございました。

 

最近の気温の暖かさですでに桜が咲き始めていますね。

今週末くらいからお花見が始まりそう。

 

ここ数日バタバタしていてブログ更新できず、約1週間ぶりになってしまいました。

 

Twitterなどでもお知らせしていますが、24日(土)のツアープレイベントの参加お申し込みが本日19日(月)までとなっています。

ツアーやバルト三国にご興味ある方は是非お申し込み下さいね。

昨日のイベントでもツアーには行けないけどバルト三国に興味があります!という方が何人かいらっしゃったのですが、

ツアーに参加しなくてもバルト三国に興味ある方も大歓迎なので、是非プレイベントにお申し込みして頂けると嬉しいです。

 

 

 

さて、本日も6月のツアーで訪れる場所をご紹介します。

 

今回のツアーではラトビアからバスでエストニアのパルヌへ行き宿泊します。

こちらも滞在時間は短いですね。

 

パルヌはエストニアのリゾート地。

ビーチがあり、女性専用ビーチもあります。

 

昨夏行った時、かなり賑わっていました。

泳いでいる人もたくさんいましたよ。

 

パルヌは主に旧市街地、ビーチ、新市街地の3カ所に分かれている小さな街。

半日くらいで全部見て回れるくらいの広さです。

 

以前のブログと内容が被る部分がありますが、ご了承下さい。

 

 

まずは旧市街地。

 

古い建物の中にたくさんカフェやレストランがありました。

 

 

教会

 

 

 

街には、こんな建物が溢れています。

 

 

 

 

 

 

クラシカルなカフェ

 

 

 

 

 

 

 

タリン門

 

 

 

 

ビーチの方へ行くと

旧泥風呂の建物や素敵なホテル、

 

旧泥風呂

現在はスパ施設になってます

 

 

泥風呂に隣接しているホテル

建物のデザインが素敵

 

 

 

そして、ホテルの先にビーチがあります。

 

 

ここは普通のビーチですが、旧泥風呂より西側は女性専用のビーチがあります

 

 

6月はまだ気温が高くないので、ビーチを散歩するのはちょっと寒いと思いますが、旧泥風呂の建物などは是非見て欲しいなと思います。

 

 

 

新市街地(と呼んで良いのか分かりませんが・・)にはスーパーやショッピングモールがあります。

外観の写真を撮っていないのですが・・スーパーはかなり大きいです。

ショッピングモールにはオーガニックショップも入っていて、商品充実していました。

 

 

 コンブチャ

昔日本で流行った紅茶キノコのドリンクです

 

 

 

オーガニックジュースの種類がたくさんありました

 

 

 

ラトビアを出発して何時にパルヌに到着するかはまだハッキリしてないのですが、夕食前の1時間はフリータイムにしようと思っています。

 

短い時間ですが、パルヌの街を楽しんで頂けたらと思います。

 

 

いよいよ、今週24日(土)は「ラトビア森の民芸市とエストニア可愛い手芸を巡る旅」プレイベント!

 

ツアーに興味ある方も、ツアーには参加出来ないけどバルト三国に興味ある方も是非是非ご参加して頂けると嬉しいです。

 

しつこくて申し訳ないですが・・申込締切は本日19日(月)です!

 


今回訪ねる場所の話はもちろん。昨夏の手芸留学の時のお話もしたいと思っています。
民族衣装の展示やエストニア雑貨の販売もありますよ。
お食事セット付きなので、お食事をしながら楽しんで下さいね。


詳細、お申し込みはジェーアイシー旅行センター東京支社まで。
http://www.jic-web.co.jp/study/stay/event.html#chiku


皆さまとお逢いできることを楽しみにしています☆

 

続きを読む >>

ラトビア観光

JUGEMテーマ:バルト三国

 

 

こんばんは。

 

一昨日、昨日とブログ更新出来ずでした。すみません。

24日(土)のツアーイベントまであと2週間弱。

いろいろ忙しい毎日を送っています。

 

 

食べ物の話が続いていましたが、今日からはツアーで訪れる場所についてご紹介したいと思います。

 

本日はツアーの最初に訪れる場所「ラトビア」。

 

 

今回残念ながらラトビアに滞在する時間がとても少ないので、ほぼ野外博物館で行われる「森の民芸市」のみになると思います。

 

到着日に夕飯後、少しお散歩などは出来るかな。

スーパーは遅くまで開いていたので、地元のスーパーを見に行けるかもしれないですね。

 

ラトビアのスーパー

 

 

 

ラトビア・リーガの街を観光することは出来ないですが、ラトビアの街をご紹介しますね。

 

バルト三国の中で、ラトビアが雰囲気的に一番ヨーロッパっぽいと思います。

やっぱり旧市街地は観光するのには楽しいかな。

 

 

旧市街地にある「猫の家」

 

 

 旧市街地にある「ブレーメンの音楽隊像」

 

 

 

旧市街地以外でも街を歩けば、ユーゲントシュティール建築をたくさん目にすることが出来ます。

 

ユーゲントシュティール建築

 

建築好きの方には興味深い建築物がたくさん見れますよ。

 

 

 

そして以前のブログでもご紹介していますが、中央市場も楽しめる場所。

 

今回は行く予定はありませんが、これからラトビアへ旅行される予定の方は是非行ってみてくださいね。

 

中央市場

 

 

ブログでもご紹介したのですが、中央市場で売られている生クワス。

 

クワスのスタンドバー

 

スタンドバーになっていてクワスの種類もいくつかありました。

森の民芸市でも売ってるかしら?売ってるといいな。

 

 

他には、ラトビアは素敵なカフェが多かった印象があります。

コーヒーとスイーツが美味しかったです。

 

カフェ「Kūkotava(クーコタヴァ)」のルバーブケーキとコーヒー

 

 

 

そして番外編。

リーガの街で変わったものを見ました。

 

以前のブログにも書いていますが。

クロンヴァルダ公園の中に宇宙服を着た猿の像が!

これ何でしょ?気になって思わず写真を撮ってしまいました。

調べてみたけど結局これがなんでここに建っているのか分からない。未だ謎です。

 

宇宙服を着た猿

かなり大きいです

 

 

散歩している時に見つけた日本食屋さん。

お店の名前が!!日本では考えられない名前(笑)

これも思わず笑って撮った写真。

 

日本食レストラン「YAKUZA」

 

結構お客さんが入っていて賑わっていましたよ。

このお店の記事を見つけたのでリンクを貼っておきます→☆☆☆

主にお寿司みたいですが、鶏のヤクザバーガーというのもあるらしい(笑)

 

他にもTOKYO CITYという日本食屋さんもあったな〜。日本食流行ってるのかしら。

 

 

今回の旅では街の観光は出来ないですが、思い切り自然に触れられると思うので違う楽しみが出来ると思います。

 

 

3月24日(土)18:30よりツアーについての説明会を兼ねたプレイベント、現在募集中です!

今回訪ねる場所の話はもちろん。昨夏の手芸留学の時のお話もしたいと思っています。

民族衣装の展示やエストニア雑貨の販売もありますよ。

お食事セット付きなので、お食事をしながら楽しんで頂けたらと思います。

 

詳細、お申し込みはジェーアイシー旅行センター東京支社まで。

http://www.jic-web.co.jp/study/stay/event.html#chiku

 

 

ツアーやバルト三国にご興味ある方に是非ご参加頂ければ嬉しいです。

皆さまとお逢いできることを楽しみにしています☆

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む >>

ジャガイモとディル

 

JUGEMテーマ:バルト三国

 

 

こんばんは。

 

本日もエストニアの食事について。

 

 

食事に必ずといって付いてくるものがジャガイモとディル。

 

 

主食はジャガイモか黒パンなので、食事には必ずジャガイモがついてきます。

そして、サラダ(主にキュウリとトマト)には必ずハーブのディルが入っています。

 

 

このサラダも良く出てきます

キュウリの上にある緑の細かいハーブがディルです

 

 

 

 

 

キフヌ島での食事

ジャガイモ山盛り

みんなで取り分けて食べました

 

 

 

 

 

 

ムフ島のレストラン「Koost」の食事

こちらはマッシュポテト☆とても美味しかったです

何気にディルがのってます

 

 

 

 

 

ムフ島のレストラン「Kohvik」の食事

ジャガイモとディルがついてます

 

 

 

 

 

ロシア料理にも欠かさない食材のディルですが、ムフに滞在中はどの料理にもディルが付いてました。

自炊してる時も滞在先のマイヤおばあちゃんがディルを入れなさいと、料理に無理やり入れられていました(笑)

庭でディルを育てていたので、摘みたてのディルをいつもいただいてました。

 

ディルを入れる=必ず料理が美味しくなる

 

みたいな方程式が出来上がってるみたい。

 

 

ディルはハーブの中でもそんなに癖がないと思うので苦手な人はあまりいないと思うのですが。

 

エストニアへ行った際に食事する時に注意してみてみて下さいね。

 

 

 

ラインラインラインラインラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインライン

 

「ラトビア森の民芸市とエストニア可愛い手芸を巡る旅*プレイベント」
参加者募集中です☆

 

詳しくはこちらまで→***

 

ラインラインラインラインラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインライン

続きを読む >>

スープと黒パン

JUGEMテーマ:バルト三国

 

こんにちは。

今日もエストニアの食事についてご紹介したいと思います。

 

 

ロシアもそうですが、必ず食事にはスープと黒パンが付いてきます。

これはラトビアでも同じでした。

 

スープは大体野菜だったり魚だったりします。

 

正直これだけでお腹は満たされます(笑)

ここからメインやデザートなどが出てきますが、本当にこれだけでお腹いっぱいになります。

 

 

こちらの写真はタリンの野外民族博物館のカフェで食べたスープと黒パンのセット。

 

 

 

こちらの写真はムフ島のLiivaにあるKOHVIKというフィッシュレストランのスープ。私のお気に入りのレストランです。

このフィッシュスープはコクもあってとても美味でした。

 

ムフ島では夏の観光シーズン、レストランが数軒ありますがオフシーズンになると1軒しかオープンしないようです。

スーパーも1軒しかなくて、ほぼ自給自足のムフ島民。

冬はどんな風に過ごしているのかな。

それを確かめるためにも今年はオフシーズンに一度ムフ島へ行ってみたいです。

 

 

黒パンもいろいろありますが、ムフ島で販売しているMUHU LEIB(黒パン)が一番美味しい!

 

ムフ島の黒パン屋さん

朝からいつも長蛇の列が出来るほど人気です

 

 

 

確か松の実のようなものが入っていました

(うる覚えですみません)

 

 

MUHU LEIBはタリンの市場でも購入できます。

 

タリンの市場「BALTI JAAMA TURG」

この中にMUHU LEIBを売っているお店があるそうです

 

 

黒パンと言えば、今度のツアーではサーレーマー島で黒パン作りのワークショップを行う予定です。

日本に帰国しても美味しい黒パンが食べられるようになると良いなと思っています。

 

 

ワークショップの詳しいお話も24日(土)開催のプレイベントでお話したいと思います。

 

 

ラインラインラインラインラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインライン

 

「ラトビア森の民芸市とエストニア可愛い手芸を巡る旅*プレイベント」
参加者募集中です☆

 

詳しくはこちらまで→***

 

ラインラインラインラインラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインライン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む >>

ローカルフィッシュ

JUGEMテーマ:バルト三国

 

こんばんは。

今日はまた気温が下がり肌寒い1日でした。

三寒四温のこの季節、皆さん体調に気をつけて下さいね。

 

 

 

24日(土)のツアープレイベントまで、これから毎日エストニアやラトビアの食事や見所などブログでご紹介したいと思います。

 

 

本日はエストニアの食事第2弾☆

 

2年前、キフヌ島へ行ったときの昼食でローカルフィッシュが出てきました。

 

 

スモークされたフィッシュです。

見た目がグロテスクなので、ギョッとしました。(ダジャレみたいになってますね・笑)

勇気を出して食べてみると意外に美味しかった。

 

 

そして昨年の旅でムフ島のレストランでオーダーしたローカルフィッシュがこれまた同じようなフィッシュでした。

 

 

 

ムフ滞在中のブログにも紹介しましたが、

ウロコが硬くて気をつけないと口の中を切ってしまいそうでした(笑)

(*ムフ滞在中のブログはこちら→☆☆☆

 

魚の名前は詳しくないので、何の魚なのか分からず…

こちらもスモークされたもので、お味は美味しかったです。

ただ、食べづらいσ(^_^;)

 

付け合わせについては、それぞれ美味しいけれど魚との相性は疑問。

 

 

 

エストニアへ旅行される時にはお料理として出てくるかもしれないので、是非お試し下さい。

エストニアの中でも島ならではの食事なのかもしれません。

 

では、また明日♪

 

ラインラインラインラインラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインライン

 

「ラトビア森の民芸市とエストニア可愛い手芸を巡る旅*プレイベント」
参加者募集中です☆

 

詳しくはこちらまで→***

 

ラインラインラインラインラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインライン

 

続きを読む >>

マトリョーシカ交流会

JUGEMテーマ:ロシア

 

こんばんは。

 

3月に入ってから、春を感じる毎日。

一番好きな季節です。

 

土曜日はJIC旅行センターさんと沼田元氣さん主催のマトリョーシカ交流会でした。

 

1年ぶりにロシアツアー仲間にも会えて楽しい時間でした。

マトリョーシカや産地の塗りの話などマニアックな話も出来てあっという間に時間経過。

 

交流会では私のツアーの宣伝もさせて頂きました。

 

男性でバルト三国にご興味があっても手芸という言葉でちょっと尻込みされる方もいらっしゃり・・

手芸といっても手芸をやらなくてはいけないというものでもなく、いろいろな地域の民族衣装に関する手仕事を見ることがメインだったり、自然に触れたり、建築物を見たり。手芸以外で楽しめる所はたくさんありますよ☆

 

その辺りの詳しい話は24日のプレイベントでお話したり質問に答えたりしたいと思いますので、

是非ツアーにご興味ある方はプレイベントに参加して頂けたらと思います。

 

 

 

マトリョーシカ交流会ではみなさんのマトリョーシカ愛が凄くて本当に幸せな時間でした。

昨年の旅行先であるマリ・エル共和国はかなりレアな土地だったので凄く羨ましかったな〜。

今年の沼田さんのツアーも楽しみです☆

 

 

久しぶりの渋谷ロゴスキー銀座本店のお料理も美味しかった。

 

前菜盛り合わせ

 

 

 

 

交流会にはマトリョーシカ作家さんやマトリョーシカコレクターさんも参加されていて、

楽しくお話させて頂きました☆

 

 

クリームシチューwith セミョンくん&murmur in the Sodaさんのマトリョーシカ

 

 

 

本日のデザート

 

 

 

マトリョーシカという好きなものが共通の仲間って本当に楽しい。

情報交換も出来て、勉強になります!

 

交流会のあとは、2015年のツアー仲間とJICのSさんと椿屋珈琲へ。

ウェイトレスさんの制服姿に萌えまくり、話は尽きなかった(笑)

 

ツアーをきっかけに仲間が増え、そして私も含め人生変わった方もたくさんいる沼田さんのツアーって凄いなと改めて思いました。

私のツアーも楽しい仲間が増えるような素敵な旅にしたいな♪

 

 

 

 

「ラトビア森の民芸市とエストニア可愛い手芸を巡る旅*プレイベント」

参加者募集中です☆詳しくはこちらまで

 

続きを読む >>

ラトビア森の民芸市とエストニア可愛い手芸を巡る旅*プレイベント

JUGEMテーマ:バルト三国

 

おはようございます。

 

3月になり、少し暖かくなって春らしくなってきましたね。

 

 

前回のブログでご紹介したバルトツアー。

パンフレットが出来上がり、PDFをこちらからダウンロードして頂けます。

 

 

 

 

 

ちくちくバルト舎ホームページにもBALT TOURページを加え、ツアーの内容をご紹介しています。

そちらも是非ご覧下さい。

 

 

そして今月24日(土)こちらのツアーのプレイベントを開催いたします。

ツアーの簡単な説明や手芸留学時のお話を兼ねたイベントで、お食事付きとなっております。

 

昨年夏、手芸留学した際に習った作品や民族衣装も展示をはじめ、

エストニア雑貨やリトアニアのオーガニックベリーペーストなどの販売も行います。

(リトアニアのオーガニックペーストは都合により販売を中止いたします。)

 

皆さんとお食事を頂きながら楽しい時間を過ごせたらと思っています。

 

 

昨年10月の展示の様子

同じようにキフヌ島の民族衣装など展示いたします

(写真の中で一部展示しないものもあります)

 

 

 

 

「ラトビア森の民芸市とエストニア可愛い手芸を巡る旅*プレイベント」

 

日時:3月24日(土)18:30〜20:30    

         *18時開場

 

場所:FARO COFFEE & CATERING

   東京都文京区本郷2丁目39-7 エチソウビル204

   東京メトロ丸ノ内線「本郷三丁目」駅下車 徒歩1分

 

参加費:お一人様 ¥1,000(お食事セット付)

 

お申込み:ジェーアイシー旅行センター株式会社 東京支社

     jictokyo@jic-web.co.jp

 

 

お申し込みはメールにてお願いいたします。

お申し込みの際に、お名前、お電話番号、メールアドレスを必ず明記して下さい。

 

 

 

お申し込みお待ちしています☆

 

 

 

 

続きを読む >>