日本へ

JUGEMテーマ:ヘルシンキ

 

*英語訳は後日アップします。English translation will be uploaded at a later date.

 

 

8月4日

フィンランド・ヘルシンキ 3日目

 

朝から生憎の雨。

 

今日、飛行機に乗って日本へ。

フライトが17時過ぎなので、

午前中に行くべきところへ行くことにし、朝ごはんを食べながらフライトまでの計画を練る。

 

 

ホテルの朝食はバイキング。

ヨーロッパのホテルバイキングはハズレがなくて良い!

 

エストニア、ラトビア、リトアニア、フィンランドとそれぞれいくつかのホテルに泊まったけれど、一番良かった朝食はラトビアのホテル「Monika Centrum Hotels」でした。

 

品数といい、美味しさといい、全て良かった。

お部屋もバスタブも広くて本当に良いホテルでした。

 

今回泊まった「ホテルヘルカ(Hotel Helka)」の朝食はまぁまぁかな。

なかなかランチもディナーも食事出来ないこともあるから朝食だけは毎日ガッツリ食べていました。

 

 

この日もかなりの量を食べてます

 

 

ここのホテルはアアルトの家具を至る所に使っているのでとてもオシャレでした。

 

 

ホテルのロビーに飾ってあったヒンメリ

 

 

 

昨夜は荷物のパッキングと格闘し、買い付けした雑貨を少し郵送するか悩んでいました。

朝食後、とりあえず中央郵便局へ行きました。

そこで料金をチェックし、手持ちで帰ることを決めました。

お隣のKマーケットへ行き、昨夜チェックしていたKマーケットオリジナルのお買い物袋を購入。

急いで、ホテルへ戻り先程買った袋へ荷物を詰め替えてパッキング完了⭐

 

 

ホテルをチェックアウトし駅のロッカーに荷物を入れて最後のヘルシンキ観光&お買い物へ。

 

 

 

途中、猫カフェを発見。

ヘルシンキにも猫カフェがあるのですね〜。

調べてみたらとても人気があるようで、予約が一杯とか。

ここへ行く方は数週間前に前もって予約すると良いようです。

 

かわいい黒猫ちゃん♪

 

 

 

 

ストックマンデパート近辺を一通り見た後、アアルトが設計した「アカデミア書店(Akateeminen Kirjakauppa)」へ。

 

 

「アカデミア書店(Akateeminen Kirjakauppa)

光の差し方が素敵な書店でした

 

 

 

そして映画「かもめ食堂」にも出てきた「カフェ・アアルト(Cafe Aalto)」に入りました。

 

 

「カフェ・アアルト(Cafe Aalto)」

 

 

 

本当はランチをしたいところでしたが、時間が全くなかったのでリンゴジュースをオーダーしカフェの雰囲気を楽しみました。

 

 

カフェでオーダーしたリンゴジュース

 

 

 

 

最後にもう一度「COMPANY」のショップ「Salakauppa」へ行き、ここ2日悩んでいたマトリョーシカを購入。

 

 

 

 

「Mari Matryoshka」

 

 

マリメッコとのコンテンポラリーアートミュージアムKIASMA展「Together/Kimpassa」のために作られたマトリョーシカ

「Mari Matryoshka」。

古典的なマリメッコのデザインを纏った着せ替え風のマトリョーシカです。

最後の1個だったようで、購入できてラッキーでした☆

 

 

時間になり、リング・レール・ラインで空港へ向かいました。

 

空港でのチェックインが全てオンライン形式だったのでかなり戸惑いましたが、職員の方が丁寧に教えてくれたので無事チェックインすることが出来ました。

 

空港はかなり混雑していて免税手続きにとても時間が掛かりました。

空港で免税手続きされる方は時間に余裕持った方が良いと思います。

 

出国手続きもかなり混雑。

パスポートのチェックも顔認証なども全てコンピューター。

顔認証に何だか時間が掛かり、ちょっと焦る(笑)

 

早めに空港へ行ったのに、最後はまた走るハメになりました。

今回は呼び出しはなかったけれど(笑)

 

飛行機に搭乗する時には雨が上がって青空が見えていました。

 

搭乗する飛行機

 

 

 

飛行機に搭乗して日本へ。

 

30日間の旅もいよいよ終わり。

正直、帰りたくない。

 

もっと居たかったなー。

 

続きを読む >>

ヘルシンキ観光

JUGEMテーマ:ヘルシンキ

 

*英語訳は後日アップします。English translation will be uploaded at a later date.

 

 

8月3日

フィンランド・ヘルシンキ 2日目

 

 

今日の予定は、’造了圻▲泪螢瓮奪海遼楴劼惺圓こと。

 

 

まずは歩いてヒエタラハティ広場へ行きました。

ヘルシンキで一番有名な蚤の市。

 

ホテルからは歩いて10分ほどの距離にありました。

夏は基本的に毎日開催されているみたいです。

 

広場には屋内のハカニエミ・マーケットホールと屋外のヒエタラハティ蚤の市がありました。

時間があまりなかったので、今回は屋外の蚤の市だけを見ることにしました。

 

 

赤レンガの建物は屋内マーケットの「ハカニエミ・マーケットホール」

 

 

 

ヒエタラハティ蚤の市

 

 

蚤の市ではARABIAやiittalaをはじめフィンランドのヴィンテージ物などがたくさん売られています。

ここで私は偶然レイモン・ペイネの花器を発見して、即買い(笑)

フィンランドなのにナゼ?と思いましたが、ペイネ好きの私としては素敵な出逢いでした。

 

 

広場を出て、キオスクでデイチケットを買い、Herttoniemi駅へ。

 

電車から見えた海☆

 

 

Herttoniemi駅のそばにマリメッコ本社があります。

本社へ向かうまでに日本人らしき人たちがたくさん歩いていたので、すぐに場所が分かりました。

 

 

マリメッコ本社入口

 

 

 

ロビーのインテリア

 

 

 

マリメッコ本社の社員食堂

一般の人も食事することが出来ます

 

実は今回マリメッコへ来た一番の目的は社員食堂でランチをすることでした。

なのに、うっかり先にファクトリーショップを見始めてしまい、気付いた時にはランチタイムが終わっていました(涙)。

完全に大ボケ。仕方ないですね。

ファクトリーショップでお土産を買い、次の場所へ移動。

 

とりあえず今日のノルマは果たしたので、ガイドブックを見てiittala & ARABIAデザインセンターへ行くことにしました。

 

iittala & ARABIAデザインセンター

 

 

 

最初に上の階にあるデザインミュージアムARABIA(無料)へ行きました。

ARABIAとiittalaの歴代の商品が展示されていてとても面白かった。

 

ミュージアムの窓から見た景色が美しく、フィンランドは緑が多くて素敵だなと思いました。

天気も良くて今日も空が綺麗です。

 

デザインミュージアムARABIAの窓から見た景色

 

 

ミュージアムの後、1階のアウトレットショップへ寄りました。

お店の壁の一部が陶器になっていて素敵でした。

 

陶器の壁

 

あとで知りましたが、工場見学のツアーなどもあるらしいです。

それも参加してみたかったな。

 

 

iittala & ARABIAデザインセンターを出たのが15時過ぎ。

まだやってると良いなという希望を胸にハカニエミ市場へ行ってみました。

ハカニエミ市場はかもめ食堂で片桐はいりさんが鹿肉を買っていた場所。

どんな雰囲気なのかちょっと楽しみにしていましたが・・

 

時間が遅かった為、すでにお店はほとんどなく搬出最中のお店などがちょこちょこありました。

またも残念。

 

ハカニエミ市場がある場所

 

 

 

とりあえず荷物を置きにホテルへ戻ることに。

ホテルへ帰る途中で木の礼拝堂「カンピ礼拝堂」へ立ち寄りました。

 

 

カンピ礼拝堂外観

 

 

 

礼拝堂内部

 

 

 

天井の光が素敵

 

 

 

礼拝堂片隅に置かれてる燈台も素敵でした

 

 

北欧的な礼拝堂で本当に素敵でした。

気持ちが落ち着きます。

 

 

 

外に出ると道端でカモメが普通に歩いていて、かもめ食堂の世界だぁとウキウキしちゃった。

 

道端を歩いているかもめ

 

 

 

 

ホテルに荷物を置き、夕飯を食べにエスプラナーディ公園周辺へ行くもやはりまた夕飯難民に。

 

結局Fazerのカフェでサンドイッチを食べることにしました。

 

オーダーしたサンドイッチとコーヒーを受け取り席を探しているとヒエタラハティ蚤の市で見かけた日本人の女性の方がいらっしゃりお一人だったので、相席させて頂きました。

 

彼女も一人旅らしく、いろいろとフィンランドのことを聞けて楽しい時間でした。

久しぶりに日本人の方とたくさんお喋り出来て嬉しかったな〜。

一人ご飯もちょっと飽きてきていたので、一緒にご飯食べることもかなり嬉しかったです。

声を掛けて頂いてありがとうございました☆

 

 

明日はいよいよ帰国。

 

またパッキングとの戦いです(笑)

 

 

続きを読む >>

フィンランドへ

JUGEMテーマ:ヘルシンキ

 

*英語訳は後日アップします。English translation will be uploaded at a later date.

 

 

8月2日 フィンランド・ヘルシンキ1日目

 

ホテルで朝食を摂り、タクシーでカウナス空港へ。

 

 

 

 

カウナス空港はまるでテント小屋みたいな空港でした。

台風とか来たら吹っ飛んでしまいそうなくらい簡易的な空港で少し驚きました。

そして小型飛行機に乗りフィンランドの首都ヘルシンキへ出発。

 

いよいよバルト三国とお別れ。

すごく寂しい気持ちになりました。

 

飛行機の中でお隣に座ってた日本人の大学生のお嬢さんが1年間リトアニアに留学されてたとのことでリトアニアについてのお話を色々聞く事が出来ました。リトアニアは物価も安くとても住みやすい所のようです。

音楽祭の話などプチ情報も聞けてとても有意義な時間でした。

 

 

ヘルシンキへ到着し、リング・レール・ライン(列車)にてヘルシンキ中央駅へ。

 

地図で見ると駅からホテルまで近かったので歩いてホテルへ向かうものの…

ちょっと迷ってしまいオロオロしていたら現地のおじさまがホテルの側まで連れて行ってくれました。

バルトもそうでしたが、ヘルシンキの人もとても親切。

 

 

ホテルに到着してすぐ荷物を置いて、ヘルシンキの街を散策。

 

今回ヘルシンキで1番行きたいところ。

それは…マトリョーシカのデザインユニット「COMPANY」のアトリエ。

 

「COMPANY」のマトリョーシカとの出会いは2015年のロシアツアーで行ったマトリョーシカの工房でした。

通常のマトリョーシカとは違うデザインで心を奪われました☆

 

ショップよりアトリエの方がたくさんの商品を見ることが出来ると思い、先ずはアトリエへ向かいました。

 

 

途中、小腹が空いたのでカフェに立ち寄りコーヒーとアボカドトーストをオーダー。

 

コーヒーはムーミンのマグカップに入れらて出てきたので、フィンランドに来たことを実感出来ました。(単純です)

 

ムーミンのマグカップに入れられたコーヒーとアボカドトースト

 

 

カフェに入って思ったのは、やはりヘルシンキは物価が高い!

バルト三国が安かったこともありますが、東京より少し高いと思います。

 

 

 

カフェを出て少し歩いたところに「COMPANY」のアトリエがありました。

 

扉の下にケージが張ってあったのですが入って良いか尋ねたら・・

翌日からニューヨークの展覧会へ出発するらしく準備で忙しくされていましたが、快くアトリエへ入れて下さいました。(感謝!)

デザイナーのヨハン・オリンさんとアーム・ソンさん。とても優しくて素敵なお二人。

お二人の雰囲気が作品に表れているな〜と思いました。ますますファンになっちゃいました♡

 

そこで新作のマトリョーシカを発見!

まだwebに掲載されていないとのことだったので写真はアップしませんが、とても可愛いマトリョーシカで購入するかかなり悩みました〜(笑)

結局、新作は諦めてショップで買い物をすることにしました。

 

 

 

中央郵便局の側にある「COMPANY」のショップ

 

 

 

前々から欲しかったお団子ヘアのマトリョーシカを購入し、アテネウム美術館へ。

美術館で開催されているアアルト展を見ることが出来ました。

 

 

 

アアルトのチェア

 

 

アアルトのライト

 

 

 

北欧らしい素敵な空間

 

 

 

美術館の内観

 

 

 

美術館の売店で思わず目が釘付けに!

何気に置いてある椅子が・・「COMPANY」がデザインした椅子でした〜。(モノトーンの椅子です)

わ〜これ、欲しい!

売り物かは分かりませんが、日本に連れて帰りたかった(笑)

 

 

手前、中央、奥にあるモノトーンの椅子が「COMPANY」デザインのもの

 

 

美術館を出て、中央駅近辺をいろいろと散策し、ご飯を食べようとレストランなど探しました。

が・・レストランはどこも高い!(フィンランドへ行った友人から聞いていたけれど、本当に高かった)

なかなか良さそうなお店を見つけることが出来ず、結局またカフェでサンドイッチとコーヒーで夕飯。

ヘルシンキではご飯難民になりそうです(笑)

なんかフレッシュなものが食べたくて、ホテルへ帰る途中にKマーケットに立ち寄りフルーツを買って帰りました。

 

 

ここ数日、移動が多いこともあって疲労が溜まりに溜まっていて、ガイドブックをじっくり読むことが出来ず(文字見ると眠くなってしまう)予習が全く出来ていません。

 

とりあえず丸一日ヘルシンキを楽しめるのは明日だけ。

どうしても行きたい場所だけチェックして朝から時計とにらめっこしながら動こうと思います。

続きを読む >>

初めてのハチミツ採取とカウナスへ

JUGEMテーマ:バルト三国

 

*英語訳は後日アップします。English translation will be uploaded at a later date.

 

8月1日

リトアニア3日目・カウナス1日目

 

 

移動移動の日々だったので、いつも疲れて11時前には寝てしまう私。

 

しかし、せっかくのファームステイ。

星空を見たいと思い、夜中の2時頃外に出たら一面の星空☆

なかなか日本では見れないくらい星の輝きだ凄かった。

30分ほど眺めたいと思いましたが、蚊をはじめ虫の襲撃がすごくて諦め5分ほどしか眺められなかった(涙)

でもとても素敵な時間でした。

 

 

ライマさん家族とテラスで朝食後、いよいよ養蜂体験。

 

 

養蜂ウェアに着替えました

肌を見せてはダメとのことで靴も長靴に

 

 

 

いざ出発!

 

 

 

蜂小屋の巣蜜を一小屋分取ってきました 

 

 

 

採れたての巣蜜


 

 

ハチミツをしぼるために巣蜜のロウをヘラで取っていきます

 

 

 

遠心分離機に先ほどの巣蜜を入れ、ハチミツを搾り取りました

アンタナスが採れたてのハチミツをビンに流し込んでいます

ソバのハチミツなので色が黒い!

 

 

 

養蜂体験の後、ランチ。

 

お野菜と鶏肉の煮込みでした。

とても美味しかった♪

 

ライマさんお手製の煮込み料理

 

 

 

食事をしながらおしゃべりをしていたら、あっという間に時間が。

来年また来ることを約束して駅へ向かいました。

 

電車に乗って、再びヴィリニュスへ。

 

ヴィリニュス空港が工事中らしくフィンランドへはカウナス空港からの出発になるため、ヴィリニュスから違う電車に乗り換えてカウナスへ行きました。

 

カウナスには夕方着。

 

タクシーでホテルへ行き荷物を置いて、観光と夕飯しようと旧市街へ行きました。

 

聖ミカエル教会

 

 

 

ベルクーナスの家

15世紀に建てられたゴシック様式の建築物

 

 

 

聖ペテロ&パウロ大聖堂

 

 

 

 

聖ペテロ&パウロ大聖堂の扉

 

 

 

イエズス教会

 

 

 

旧市庁舎

広場では社交ダンスのレッスンをしていて素敵でした

 

 

 

カウナスのお土産屋さんや雑貨屋さんなどは18時(遅くても19時)には閉まるみたいで全然見ることが出来ませんでした。

旧市街のメインストリート、ヴィリニアウス通りにはカフェやレストランがとても多く、そちらは遅くまで営業しているようでした。

 

 

カウナスと言えば杉原千畝。

本当は杉原記念館も行きたかったけれど、カウナス到着時点ですでに閉館時間だった為そこへも行けず。(涙)

 

結局カウナスの滞在は食事と散歩するだけとなりました。

 

明日はいよいよバルト三国ともお別れ。

フィンランドへ行きます。

 

続きを読む >>

ソバの里ファームステッド

 

JUGEMテーマ:バルト三国

 

*英語訳は後日アップします。English translation will be uploaded at a later date.

 

 

7月31日

リトアニア 2日目・Pamerkiai1日目

 

 

今日は午後からPamerkiaiへ移動。

ホテルを早めにチェックアウトし、駅のコインロッカーに荷物を預けヴィリニュスの旧市街へ。

昨日見つけた民族衣装の展示のポスター。

駅のインフォメーションで展示場所を聞き、旧市街へ向かうもミュージアムが見つけられなかった。

 

時間勝負だったのでミュージアムは諦め、気になるお店をいくつか見に行きました。

 

昨夜見つけられなかったレストラン「Kitchen」を見つけることが出来たので、ランチをしました。

 

 

レストラン「Kitchen

オシャレでカッコいいお店

 

 

キッシュのセットをオーダー。

前菜に出てきたビーツの冷製スープがとても美味しかった!

お手製のパンもめちゃくちゃ美味しかった〜♪

 

 

ビーツの冷製スープ

 

 

 

ベジタブルキッシュ

 

 

 

ランチの後いろいろ行きたいお店などに寄ったりして、駅へ戻りました。

途中、ゲリラ豪雨に遭い雨宿りして時間を潰してしまったけど。

15:07発の電車に乗ってPamerkiaiへ。

 

写真はないのですが、2両しかないローカル電車。

この電車の入り口が高くてステップが3段もあり、乗る瞬間青ざめました。

スーツケースを持ち上げられるのか?

気合を入れて持ち上げようとした瞬間に若い男の子が手伝ってくれて助かりました。

ありがと〜(涙)

 

16:21にPamerkiai着。

降りるときにも気合を入れてスーツケースを降ろそうとしたら、ファームステイ先の息子さんが出迎えに来てくれスーツケースを電車から降ろしてくれました。

ありがたい〜。

 

駅から歩いてステイ先へ向かう途中、吊り橋を渡りました。

 

 

ファーム手前にある吊り橋。

真ん中に穴が開いていてちょっと怖かった(笑)

 

 

歩くこと10分ほど。

ファーム到着!

 

ステイ先の「Grikucis

 

 

絵本から飛び出したようなお家。

まるでターシャ・テューダーの世界でした。

 

 

私が泊まるお家

まるで絵本に出てくるようなかわいさ

 

 

 

家の裏にサウナとお風呂があります

 

 

 

至る所にお花がたくさん咲いています

後ろの白い花がソバの花

 

 

 

レンタルカヌーもあります

 

 

 

 

部屋に荷物を置いてからオーナーのライマさんが作ったソバの実ケーキとお手製のチーズでティータイム。

自然を眺めながらのお茶は美味しかった〜。

 

 

ライマさんお手製のソバの実ケーキ

 

 

 

ティータイム後、ライマさんによるソバ料理のレッスンスタート。

 

 

ソバの花

 

 

 

ソバの実を植えてからお花を刈ってドライにした後、ソバの実を収穫するまでの説明と実践をしてくれました。

初めて鍬でソバの花を刈りましたが、全然上手く刈れなかった。

 

 

 

右側が刈ったばかりのソバの花

左側が1年ドライにしたもの

 

 

写真はないのですが・・

大きな木の棒でドライにしたソバの花束をバンバン叩き、ソバの実を収穫します。

昔ながらのやり方だそうです。

 

 

そして石臼で製粉。これがめちゃくちゃ重い。

 

両手で回すも重すぎてなかなか回せない

 

 

 

ライマさんは簡単に片手でクルクル回してた

驚きです!

 

 

 

石臼で挽いた粉をザルでふるい落す

このザルはかなり昔のものらしいです

 

 

 

 

Grikucisオーナーのライマさん

 

 

 

昔ながらの薪のクッキングストーブでパンケーキを焼きます

リアルターシャの世界で見ていてワクワクしました

 

 

 

ソバの実パンケーキ完成☆

ライマさんお手製のイチゴジャムを添えて

最高に美味しかった!

 

 

レッスン終了後、ライマさんが飼育しているアヒルがいなくなったと、川へ捜索に。

 

アヒルを探しに川をボードで進むライマさん

かっこいい〜!

 

結局数匹は見つからず、どうやら野鳥に襲われたらしい

自然界は厳しいですね。

 

 

ペンギンのようにあるくアヒルたち

 

 

明日の午前中にソバの里を発つ予定でしたが、ライマさんに引き止められ予定を変更し午後に発つことにしました。

午前中に養蜂体験をしてほしいとのこと。

確かにここではのんびり滞在した方が楽しめるな〜と思いました。

 

養蜂体験、なんだか楽しみ。

 

 

 

 

 

続きを読む >>

リトアニアの首都ヴィリニュスへ

JUGEMテーマ:バルト三国

 

*英語訳は後日アップします。English translation will be uploaded at a later date.

 

7月30日

リトアニア1日目・ヴィリニュス1日目

 

 

タクシーでバスターミナルまで行き、Lux Expressでリトアニアの首都ヴィリニュスへ。

 

バスの出発まで1時間半ほど時間が出来たので荷物を預けて、また旧市街へ行きました。

気になったカフェでお茶をしようかと思いましたが、混んでいたので諦めてぶらぶらと。

 

ちょっぴり気になるカフェ「mon amour」

 

 

 

そしてバスターミナルへ戻り荷物を受け取って、12時にヴィリニュスへ向けて出発!

 

バスの中から見たリガ(リーガ)のテレビ塔

 

 

 

16時に3ヶ国目リトアニアの首都ヴィリニュスに到着。

4時間の旅でした。

 

そして、タクシーでホテルへ。

 

リトアニアのタクシーはちょっと気をつけた方が良いかもしれません。

今までタクシーで変な目に会ったことがなかったのですが、今回は車に乗ってからメーターが無いことに気づきちょっと焦りました。

降りるときに料金を言われましたが、少しだけ水増しされた気がします。

ちゃんとしたタクシーには身分証やメーターが付いていると思うので、乗る前に是非チェックを!

 

今回泊まるホテルはヴィリニュスの新市街のメインストリート沿いのホテル「Novotel Vilnius Centre」。

 

Novotel Vilnius Centre

 

 

すごく北欧的なデザインのホテルでした。

部屋も広く快適。お風呂がとても良かった。浴槽とシャワー室が付いていました。

 

部屋に荷物を置いてヴィリニュス観光しました。

主に旧市街ですが。

 

 

聖カジミエル教会

 

 

 

聖三位一体教会

 

 

 

空を見上げると気球が。

すごく気持ち良さそう〜☆

 

気球の旅も面白そう

 

 

夕飯を食べようと気になっていたレストラン「キッチン」を探すも見つからず、第2候補だったレストラン「ロキス」へ行きました。

 

メニューの中にベジタリアン料理があったので頼んでみることに。

”蕎麦の実とキノコのソテー グリンピースとブルーベリー添え”なる料理。

ブルーベリーが乗ってたので少し驚きましたが、食べたら美味しかったです。

私は結構好きな感じ。

 

リトアニアではベジフードの主食として蕎麦の実を食べられているのでしょうね。

 

 

蕎麦の実とキノコのソテー グリンピースとブルーベリー添え

 

 

 

 

食後にイチゴのソルベを。

これがとても美味しかった!

 

 

イチゴのソルベ

 

ホテルへ戻る途中にカテドゥロス広場へ。

 

王宮

 

 

 

 アルキカテドゥラ大聖堂

まるでギリシャ神殿のような建物

 

 

エストニアから南へ旅していますが、日の沈みがエストニアに比べて少し早い気がします。

アルキカテドゥラ教会の写真は夜9時頃です。エストニアならもっと明るかったな。

 

リトアニアでは連日移動です。

明日は電車に乗って移動し、ファームステイ☆

 

ん〜楽しみ♪

続きを読む >>

リガ(リーガ)の旧市街観光

JUGEMテーマ:バルト三国

 

*英語訳は後日アップします。English translation will be uploaded at a later date.

 

 

7月29日

ラトヴィア・リガ(リーガ)2日目

 

中央市場の後、旧市街に行きランチをしてから観光しました。

 

 

まずはリガ(リーガ)を代表する建築、ブラックヘッドの会館へ。

 

ブラックヘッドの会館

 

 

見ているだけでウットリします。

この建物は近年ゼロから再建されたもので、大時計や銅像など忠実に再現されているそうです。

 

 

ブラッドヘッドの会館の向かい側にリガ(リーガ)市庁舎があります。

 

リガ(リーガ) 市庁舎

 

 

市庁舎近くにある民芸品店「セナー・クラーツ」へ行きました。

 

 

ラトヴィア各地の民族衣装が展示されていました 

 

 

 

 

そしてリガ(リーガ)大聖堂があるドゥァマ広場へ。

 

 

リガ(リーガ)大聖堂

 

 

 

 窓が素敵

 

 

 

教会近くで今日も結婚式に遭遇♡

流行りのレース使いのドレスでした。

 

 

結婚式に遭遇☆

ウェディングドレス姿がとても素敵でした

 

 

 

ガイドブックに必ず載っている猫の家にも行ってみました。

 

猫の家

 

 

 

屋根の上にちょこんと乗っていて可愛かった♪

 

 

 

適当に歩いていたら聖ペテロ教会に着きました。

教会前には民芸品の屋台などもたくさんありました。

 

聖ペテロ教会

 

 

ここでブレーメンの音楽隊の銅像に会えた〜!

ブレーメンの音楽隊の銅像は人気スポットらしく写真を撮る人が代わる代わる撮っていて、なかなか写真が撮れなかったのですが…

 

一瞬だけ誰も居ないところをパチリ♪

 

ブレーメンの音楽隊の銅像

 

 

 

 ブレーメンの音楽隊の銅像前に聖ヨハネ教会があり、教会前で聖歌隊の集団がいました。

その人たちに招かれて教会の中へ。

どうやら聖歌隊コンサートが行われるようで。

 

聖ヨハネ教会

 

 

教会内はゴシック様式で、天井がとても素敵!

ステンドグラスや燭台なども素敵でしたよ〜。

 

 

 ゴシック様式の教会

 

 

コンサートの様子を少しだけ動画に撮ったのでアップしてみました。

 

 

 

とても素敵なコンサートでした。

偶然とは言え、観ることが出来て良かった。

心の浄化になりました。

明日からまた元気に頑張れそう!

 

 

 

教会を出て歩いていると、素敵な民芸品店を発見♪

 

「LATVJU LIETAS」というお店。

リネンやミトンなどの民芸品がいろいろ揃っています。

私はこのお店で素敵なベットカバーを見つけたのですが、あと2ヶ国の移動を考え今回は諦めました(笑)

(重さを考えると…ね。)

 

 

 素敵な民芸品店「LATVJU LIETAS」

 

 

 

お店の前に置いてあるお花も素敵でした〜。

 

お店の前に置いてあるお花

 

 

 

リガ(リーガ)は建築好きの人にはたまらない都市ではないでしょうか?

どこを歩いても美しい建物ばかり。

窓や扉も素敵です。

 

新市街も旧市街と変わらず素敵な建物が多いので、丸一日建築巡りをしても楽しいと思います。

 

 

路地を歩くのが楽しい

 

 

明日はいよいよリトアニアへ行きます。

 

 

続きを読む >>

リガ(リーガ)の中央市場

JUGEMテーマ:バルト三国

 

*英語訳は後日アップします。English translation will be uploaded at a later date.

 

 

7月29日

ラトヴィア・リガ(リーガ)2日目

 

 

カゴ工房「Pinumu Pasaule」から中心地へ戻り、駅裏にある中央市場へ行きました。

 

ものすごく広い市場でした。

 

外では野菜や果物のお店がズラリ。

 

 

新鮮な野菜たち

 

 

 

チェリーの山

奥にはスイカも見えます

 

 

 

ハーブを売ってる店もいくつかありました。

 

 

野菜の横にたくさんの生ハーブが売られていました

 

 

 

生ハーブと乾燥ハーブを売ってるお店

 

 

 

屋内は商品によってそれぞれ建物が分かれていて、お肉専門の建物だったり、お魚専門の建物だったりします。

まるで体育館のような建物。調べてみると1930年代に建てられたもので、元はドイツ軍の飛行船格納庫だったようです。

 

 

 

お肉専門の建物

 

 

 

建物の中にクワスのスタンドバーがありました。

 

 

樽生クワスを飲ませてくれるスタンドバー

 

 

 

生クワス

たしか€0.85くらいでした

 

 

 

クワスはライ麦で作った黒パンに麦芽を加えて発酵させる、ビールに似た褐色の清涼飲料水。

少し酸味があり癖があるのですが、ここの樽生クワスはすごく飲みやすくて美味しかった!

ボトル入りかカップで販売してくれます。

お値段もリーズナブルでオススメです☆

 

色んな種類のクワスがありましたよ。

ちなみにスタンドのお姉さんには英語が通じません。

 

 

 

中央市場を堪能した後、ランチを食べようとFIGARO voyageに載っていた中央市場近くのレストランへ行ってみたものの、違うお店になっていた。

3年くらい前の雑誌だからか、なくなっている店が多い気がします。

 

とりあえず旧市街へ戻り、レストランでランチしました。

 

そして、旧市街観光へ。

 

つづく。

 

 

 

続きを読む >>

カゴのワークショップ

JUGEMテーマ:バルト三国

 

 *英語訳は後日アップします。English translation will be uploaded at a later date.

 

 

7月29日

ラトヴィア・リガ(リーガ) 2日目

 

 

今日の午前中はカゴのワークショップ。

 

途中でお腹空かないように朝からホテルのバイキングでモリモリ食べました。

 

写真はありませんが、Monikaホテルのバイキングは品数も多く最高でした〜!

とても美味しかった♪

 

 

カゴのワークショップをしてくれる「Pinumu Pasaule」はリガ中心地からバスに乗って行きます。

 

事前に旅行会社から25番のバスで「Vecmoku iera」というバス停を下車と聞いていましたが、

25番のバスに乗るためにトラムで中心地まで行き、歩いてNacionālā bibliotēka(国立図書館)のバス停まで行きました。

 

しかし、今日は土曜日。

バスが1時間に1本しか走っていないことをバス停で知る。

 

ワークショップは10時から。

この時、9時30分。

次のバスは10時16分。

バスを待っていたら間に合わない!

グーグルマップで見たら歩けるかもと思い、とりあえず歩いて行くことにしました。

 

 

しかし、グーグルマップは結構遠回りさせられ、なかなか目的地に到達しない。

 

10時を過ぎ、仕方ないなと諦めつつ歩いていたらバスが来て目的地に到着することが出来ました。

 

 

カゴのワークショップしてくれる工房

Pinumu Pasaule

 

 

 

予定より30分遅れましたが、快く迎えてくれました。

 

工房に入ると、カゴ、カゴ、カゴのオンパレード☆

 

カゴ好きの私にはたまらない空間でした〜

ものすごく興奮してしまいました(笑)

 

 

 素敵なカゴがたくさん!

 

 

 

 チェストなどもありました

 

 

 

よく見ると椅子やケーキ用のカゴなどもあります

 

 

 

 カゴの山

 

 

 

 傘立てやランプシェードなどもありました

 

 

 

奥様が英語通訳をして下さり、ワークショップスタート。

 

本当は持ち手付きのカゴを作りたかったけれど、時間の都合でトレイを作ります。

 

カゴ作りの前準備の説明など聞きつつ、スタート。

 

底の板に穴が開いていて、そこに柳を1本ずつ挿していきます。

これが思いの外、力がいる作業でちょっと大変でした。

底を編んでから、サイドを編んでいきます。

 

サイドを編んでいるところ

 

 

 

完成したトレイ

 

 

 

通常3時間掛かるトレイ作りですが、私は1時間半くらいで作ってしまい、親方のピーターさんに褒められました。ヤッター!

日本に帰ったら色々作りたいな。

 

余談ですが、トレイを作っている途中でティータイムがあり、奥様がお庭で摘んだミントでミントティーを飲みました。

これが本当に美味しかった♡

そして、カゴの材料である柳をどのように栽培して、採った後の加工の仕方まで説明して下さいました。

カゴが出来上がるまでの手間を考えると、好きじゃないと出来ない仕事だなと思います。

 

 

トレイが出来上がった後、記念撮影をしました。

 

ピーターさんと記念撮影

 

 

 

最後に工房でバスケットを1つだけ購入。

 

ちょっと小ぶりなバスケット

 

 

 

工房を出てすぐの所にバス停があり、バスを待っている時に気づきました。

 

バス停であるVecmoku ieraでバスを待っている時に、25番以外に10番と56番のバスがあることを知りました。

10番はNacionālā bibliotēka(国立図書館)を通りますが、56番は中心地を走っていないので、ワークショップに参加されるは10番と25番のバスを使うと良いと思います。

事前に時刻表を調べた方が良いですね。

 

リガの交通機関のサイドをリンク貼っておきます。

*リガ交通機関

https://saraksti.rigassatiksme.lv/mobile.html#transport/en

 

ちょうどお昼過ぎなので、中心地へ戻りランチです。

 

 

続きを読む >>

ラトビアの首都リガ(リーガ)へ

JUGEMテーマ:バルト三国

 

*英語訳は後日アップします。English translation will be uploaded at a later date.

 

 

7月28日

ラトヴィア・リガ(リーガ) 1日目

 

朝、ホテルをチェックアウトし、タクシーでバスターミナルへ。

 

ここでタリンのバスターミナルの様子を少しご紹介しますね。

 

今回はLux Expressでラトヴィアの首都リガ(リーガ)へ向かいます。

 

国際線になるので、バスのチケット売場が異なり、バスターミナルの玄関をくぐった左横にLux  Expressのチケットオフィスがあります。

 

Lux  Expressのチケットオフィス

 

 

 

チケットを購入する際、パスポートの提示を求められるのですぐ取り出せるようにしておいた方が良いです☆

(バスに乗る際もパスポートの提示があります。)

 

 

バスターミナルの中の様子はこんな感じ。

 

 

バスターミナルの待合室

 

 

 

奥にはカフェもあります

 

 

バスの乗り場は待合室の左側の扉を出た所。

 

 

いよいよエストニアともお別れ。

相棒のバックパックとスーツケースと共に出発です!

 

 

相棒のバックパック

重さが7〜8kgくらいあります

 

 

バスのトランクに荷物を入れてもらって、10時にタリンを出発。

 

 

Lux Expressの車内は快適。

wi-hiも繋がるし、コーヒーマシーンがあり飲み放題。

そして、飛行機のように席で映画が観れました。

 

 

私が子供の頃、初めて映画館で観た映画「白雪姫」

 

 

あまり新しい映画はなく、古い映画が多かったのでずっとディズニー映画ばかり見てました(笑)

 

 

14時25分にリガ(リーガ)のバスターミナルへ到着。

4時間25分の旅でした。

 

 

タクシーにてホテル「Monika」へ。

旧市街から少し離れた場所ですが、とても素敵なホテル。

 

 「Monika Hotel Centrum

 

 

荷物を置いて遅めのランチをする為、街へ出掛けました。

 

 

近くの公園にあった宇宙服を着た巨大な猿のオブジェ

 

 

 

レンガ造りの建物

「パウルス・ストゥラディンシュ医療史博物館」

 

 

 

救世主生誕大聖堂

ちょうど結婚式をやっていて鐘が鳴り響いていました

 

 

 

ユーゲントシュティール建築

 

 

ラトヴィアはヨーロッパ色がとても強い感じがします。

リガ(リーガ)の街にはユーゲントシュティール(アールヌーボー)建築がたくさんあり、建物を見ているだけでも楽しい♪

エストニアとはまた違った雰囲気です。

 

 

旅行前からチェックしていたFIGARO voyageで紹介されてたベジタリアンカフェへ。

行ってみると、残念なことに新しいお店に代わっていました。

 

せっかくなのでこちらでランチ。

ベジタリアンカフェではないけれどお肉が入っていないランチがあったので、ちょっと嬉しかった。

そしてリーズナブルでとても美味しかったです。

 

 

スポーツバー「AURORA

 

 

 

 

食後のデザートとコーヒーはこれまたFIGARO voyageに載っていたカフェ「Kūkotava(クーコタヴァ)」で。

 

ショーケースに美味しそうなケーキが並んでいました

 

 

 

店内の様子

ジェラートやワインが置いてあります

 

 

 

カプチーノとルバーブのケーキ

 

 

 

 

エストニアでは観光もたくさんしたせいか、リガ(リーガ)では観光したいという気持ちがあまりなく、カフェやショップに行きたい気持ちがとても強かった私。

 

なので、新市街を歩き回って色んなショップを見たり、スーパーへ行ったりもしました。

 

 

 

白夜なので、気づくと9時を過ぎている。

 

 

リガ(リーガ)の夕焼け

 

 

ちなみにこの夕焼けは夜9時半過ぎ。

恐るべし白夜。

ついつい遅い時間まで活動的になってしまいます。

 

 

明日はカゴのワークショップ。

バスでの行き方がなんとも微妙なので、ちょっと不安ですがまた何とかなるでしょう。きっと。

 

続きを読む >>