ツアープレイベント報告

JUGEMテーマ:バルト三国

 

 

おはようございます。

 

東京は桜が満開しましたね。

お天気も良く絶好のお花見日和☆

ようやく春がやってきたなと感じます。

 

 

さて、4日前の土曜日に「ラトビア森の民芸市とエストニア可愛い手芸を巡る旅」のツアープレイベントを開催しました。

イベントには21名の方が参加して下さいました。

お忙しい中、ご参加下さいまして誠にありがとうございました。ご参加下さった皆様に感謝いたします。

 

 

今日はブログでイベント時の様子などをご報告したいと思います。

 

 

18時開場と共に参加者の方が入場。

まずはエストニア雑貨のお買い物を楽しんでいただきました。

 

ちくちくバルト舎で人気のエストニアソックス☆

ムフ刺繍柄やエストニアの民族衣裳に使われている柄など

今回は新しい柄も入荷しました

 

 

 

やはり人気はエストニア老舗メーカーのソックス。

online shopに載せていないものが一気に売れてしまいました。

ありがとうございます。

 

 

そして同じテーブルではエストニアの民族衣裳や手仕事の展示もいたしました。

 

エストニアの民族衣裳や手仕事の展示

 

 

 

みなさん展示にも興味津々でした

 

 

説明会は予定より少し遅れて始まり、はじめにジェーアイシー旅行センターの杉浦さんからご挨拶。

そして私の紹介を経て、参加して頂いた皆さんに簡単な自己紹介をして頂きました。

 

 

今回参加して下さった7〜8割くらいの方がバルト三国の手芸に興味を持って下さっていることを知り、

ちょっと驚いたと共にすごく嬉しかったです。

 

 

そしてこの日は会場のFARO COFFEE & CATERINGさんがバルト三国をイメージしたお食事を作ってくださり、

ちくちくバルト舎が持ち込んだムフ刺繍がプリントされたペーパープレートを使って頂きました。

 

人数分並ぶと圧巻ですね

 

 

 

 

右手前から時計回りにピンクの冷たいビーツスープ、エストニアオイルサーディンのスモーブロー

リトアニアのスィーツ「ティンギニス」、トマトとキュウリのサラダ、マッシュポテト

 

 

ピンクの冷たいスープとペーパープレートがマッチしてとても素敵でしたよ☆

 

 

お食事を頂きながら、ツアーの説明をスタート。

 

 

今回、説明するにあたって事前にスライドショーを作ってきたので、そちらのスライドを見ながらツアーで訪れる場所を説明。

説明しながら、昨年手芸留学をした際のお話なども交えました。

 

 

スライドを映しながら旅で訪れる場所や手仕事の話をしました

 

 

 

説明会には私がバルト三国にハマるきっかけとなった2年前のツアー主催者である沼田元氣さんもいらして下さったので、

旅のお話やエストニアのお話など補足して下さり助けて頂きました。ありがとうございます。

 

 

質問タイムでは手芸についての質問が多く、やはり興味を持っている方が多いのだなあと感じました。

 

 

説明の途中でキフヌのスカートや私が手芸留学で作ったハープサルレース、ムフ刺繍、など資料をみなさんに手にとって見て頂いたりもしました。

 

約1時間半のイベントでしたが、とてもディープな内容だったように思います。

 

 

 

今回のツアーは私、荒田起久子も同行いたします。

イベントで要望があった手芸用品や毛糸などのお店、タリンのアンティークマーケットなどもご案内したいと思っています。

ワークショップなどのサポートもさせて頂きますので、是非一緒に旅をしてみませんか?

 

 

ツアー参加者募集中です。

 

ツアーのお申し込み締め切りは4月27日(金)まで。

 

早割は今月30日(金)までです!

 

お申し込みはお早めに〜!!

 

 

ツアーの詳細、お申し込みはこちら

ジェーアイシー旅行センター株式会社

「ちくちくバルト舎と行く ラトビア森の民芸市とエストニア可愛い手芸を巡る旅」

http://www.jic-web.co.jp/tour/russia/n1_3037.html

 

 

 

お申し込みお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント