第2の故郷ムフ島へ

 

JUGEMテーマ:バルト三国

 

 

こんにちは。

 

今日も良いお天気でしたね。

東京の桜も随分散ってお花見はもう終わりですね。

皆さんは、お花見されましたか?とりあえず私は近所でお花見を楽しみました。

 

 

「ラトビア森の民芸市とエストニア可愛い手芸を巡る旅」ツアーの早割がジェーアイシーさんのお力添えで

4月20日(金)まで延長されました!

ツアーをご検討頂いている方には、是非このチャンスにお申し込み頂ければと思います。

 

今回のこのツアーですが、同時期に同じようなツアーが他社様でも販売されています。

料金は他社様のツアーより安いと思います。

そしてキフヌ島へ行くツアーは少ないようなので、キフヌに行きたいと思っていらっしゃる方は是非ご検討頂けたらと思います。

 

 

 

さて本日もツアーで訪れる場所をご紹介。

 

3日目。キフヌの後、フェリーでムナライド港そしてバスでヴィルツ港へ向かいフェリーにてムフ島へ移動します。

 

ムフへ到着するのは夕方頃の予定。

 

今回宿泊するのは私が昨年2週間滞在したkoguva村。

私にとっては第2の故郷。

 

近くにはムフ野外博物館をはじめ、小さな港などがあります。

すごく緑が多く、のんびりしていて大好きな村です。

 

到着時刻がはっきり分からないですが、夕飯の前後でお散歩など楽しんで頂けると思います。

 

Koguva村にあるKoguva Sadam

 

 

古い船が見れます

 

 

銅像があったり

 

 

夜には満天の星が見れたりして、ゆったりした時間を楽しんで頂けたらと思います。

 

 

 

 

4日目は朝食後、ムフ野外博物館へ行きます。

こちらでは昔のムフの家や農耕具が見れたり、民族衣装やムフの伝統手芸を見ることが出来ます。

 

 

昔の建物

 

 

昔の農耕具

 

 

 

 

民族衣装の展示室

 

 

ムフ島の民族衣装や刺繍のブランケット

 

 

 

ムフの靴下

刺繍されていたり、模様が編み込まれたりしています

 

 

キフヌ同様、ここの博物館でも私は衝撃を受け人生が変わりました(笑)

編み物や刺繍をされる方は是非見て欲しいなと思います。

展示点数が多いわけではないけれど、私はここに何時間でも居ることが出来るほどここの展示室が大好きです☆

 

 

 

 

そしてムフ野外博物館の後、近くにある「MÄNNIKU KÄSITÖÖTUBA」へ行きます。

 

Koguva村にある刺繍工房「MÄNNIKU KÄSITÖÖTUBA」

 

 

 

工房の手前にはお手製のカカシがお出迎え

 

 

こちらは私の刺繍の師匠であるSirjeさんのアトリエ兼ショップ。

こちらでムフ刺繍のアトリエを見たり、お買い物を楽しんで頂けます。

 

Sirjeさんの作品

 

 

 

 

ムフ刺繍のシューズなども販売されています

(訪れる時期に在庫がない場合もございます。ご了承ください。)

 

 

この後、ムフ島の中心地Liivaへ移動します。

 

 

こちらでは昨年の手芸留学でお世話になった手芸団体Oad ja Eedへ行き、ワークショップを行います。

 

 

ワークショップのムフ刺繍ブローチ

(刺繍モチーフや枠は変更になる可能性があります。ご了承ください。)

 

 

 

昼食はLiivaのレストランでいただきます。

 

どちらのレストランになるかは分かりませんが、どこのレストランも美味しいですよ。

 

 

2年前のツアーで食べたランチプレート

 

 

 

ムフで人気の黒パンも必ず出てきます!

 

 

 

刺繍のワークショップに参加されたくない場合は、小さい町ですがLiivaをお散歩したりスーパーで買い物したり、カフェでお茶するなど自由行動出来ますので、手芸に興味がない方もご安心ください。

 

 

ムフの後、となりのサーレマー島へ行き黒パン作りのワークショップを行います。

 

 

本日はここまで。

続きはまた明日♪

 

 

 

ラインラインラインラインラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインライン

 

「ラトビア森の民芸市とエストニア可愛い手芸を巡る旅」

ツアー参加者募集中です。

 

ツアーのお申し込み締め切りは4月27日(金)まで。

 

お得な早割は4月20日(金)までです!

 

お申し込みはお早めに〜!!

 

 

ツアーの詳細、お申し込みはこちら

ジェーアイシー旅行センター株式会社

「ちくちくバルト舎と行く ラトビア森の民芸市とエストニア可愛い手芸を巡る旅」

http://www.jic-web.co.jp/tour/russia/n1_3037.html

 

 

お申し込みお待ちしております。

ラインラインラインラインラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインライン

 

 

 

コメント