ハープサルレースを学びに

エストニア3日目。

 

 

以前から興味があったハープサルレースを学びにハープサルへ。

 

 

前夜のハプニングで睡眠時間2時間半という超寝不足状態でホテルを出発。

ホテルの方も本当に親切でバスチケットをプリントアウトしてくれたり、早朝出発だからとサンドイッチを持たせてくれました。

 

送迎のタクシーでバスターミナルへ行き、念のためセルフ券売機でチケットプリントを押したらチケットがプリントアウトされました。そしてバスに乗る時、私の前にいた女性が行き先を言って運転手からチケット購入していた。

 

結局、バスの中でバスチケットが買えることが判明‼

昨夜の時間は何だったのかな〜と思いつつ、バスチケットの購入方法を学べて良かったなとポジティブに捉えました。

 

 

8:00発タリン-9:35着ハープサルのバスに乗り、出発!

 

バスに乗った直後にサンドイッチを食べ、ホッとしたのか意識失って寝てました。

 

バスがずっと止まっている感覚があり、目を覚ますと車中の時計が9:36!

9:36⁈ここハープサル?と飛び起き、運転手に聞くとハープサルだよと。

その時、入り口からレースセンターの先生に「Kikuko?」と呼ばれ、慌ててバスを降りました。

 

このバスの終点はハープサルではなかったので、間一髪で下車出来て良かった。

迎えに来てくれた先生をお待たせしたようで、ひたすら謝りました。

 

とりあえずスーツケースを先生のご自宅に置かせてもらってハープサルの街を散歩した後、ハープサルレースセンターへ。

 

 

レースセンターではたくさんのレースパターンとドレスなどの作品が展示されています。

 

 

ハープサルレースのドレス

 

 

 

ハープサルレースの歴史なども展示されてました。

 

 

 

Silvia パターン

 

 

 

私が編んだSilviaパターン

 

 

 

手加減が難しく、酷い編み地ですね。

でも初めてにしては短時間でここまで編めたことを褒めて下さいました。

 

 

 

 

ハープサルの代表的な編み方Nuppの練習を太い糸で編んだもの

 

 

 

プライベートレッスンして頂いたHelin先生

 

 

先生に編み物歴を聞かれ、私は8歳から編み物を始めましたが、先生はなんと5歳からハープサルレースを編んでいるそうで凄い!

 

先生の作品を写真などでも見せて頂き、本当に素晴らしかった。

レッスンもとても分かりやすくて、本に載っていないテクニックも教えて下さいました。

 

また機会があれば、1日だけでなく2日間もしくは3日間もう少しみっちり習いたいな。

 

 

 

コメント