リガ(リーガ)の中央市場

JUGEMテーマ:バルト三国

 

*英語訳は後日アップします。English translation will be uploaded at a later date.

 

 

7月29日

ラトヴィア・リガ(リーガ)2日目

 

 

カゴ工房「Pinumu Pasaule」から中心地へ戻り、駅裏にある中央市場へ行きました。

 

ものすごく広い市場でした。

 

外では野菜や果物のお店がズラリ。

 

 

新鮮な野菜たち

 

 

 

チェリーの山

奥にはスイカも見えます

 

 

 

ハーブを売ってる店もいくつかありました。

 

 

野菜の横にたくさんの生ハーブが売られていました

 

 

 

生ハーブと乾燥ハーブを売ってるお店

 

 

 

屋内は商品によってそれぞれ建物が分かれていて、お肉専門の建物だったり、お魚専門の建物だったりします。

まるで体育館のような建物。調べてみると1930年代に建てられたもので、元はドイツ軍の飛行船格納庫だったようです。

 

 

 

お肉専門の建物

 

 

 

建物の中にクワスのスタンドバーがありました。

 

 

樽生クワスを飲ませてくれるスタンドバー

 

 

 

生クワス

たしか€0.85くらいでした

 

 

 

クワスはライ麦で作った黒パンに麦芽を加えて発酵させる、ビールに似た褐色の清涼飲料水。

少し酸味があり癖があるのですが、ここの樽生クワスはすごく飲みやすくて美味しかった!

ボトル入りかカップで販売してくれます。

お値段もリーズナブルでオススメです☆

 

色んな種類のクワスがありましたよ。

ちなみにスタンドのお姉さんには英語が通じません。

 

 

 

中央市場を堪能した後、ランチを食べようとFIGARO voyageに載っていた中央市場近くのレストランへ行ってみたものの、違うお店になっていた。

3年くらい前の雑誌だからか、なくなっている店が多い気がします。

 

とりあえず旧市街へ戻り、レストランでランチしました。

 

そして、旧市街観光へ。

 

つづく。

 

 

 

 

コメント