旅するエストニアツアー3日目:ハンザ同盟祭り

JUGEMテーマ:海外ツアー

 

***************************************

 

ちくちくバルト舎*荒田起久子と行く

「おとぎの国エストニアのクリスマスと可愛い手しごとを巡る8日間」

 

現在、参加者募集中!お申し込み締め切りは10月25日です。

ツアーの詳細はジェーアイシー旅行センターのHPをご覧ください。

http://www.jic-web.co.jp/tour/russia/n1_3037.html

 

***************************************

 

 

6月30日(日)

 

昨夜のお散歩でやや寝坊。

食事を急いで済まし、集合場所へ。

 

今日は偶然にもパルヌで年1回ある「ハンザ同盟祭り」の日。

午前中こちらに行くことになり、荷物をバスに乗せて歩いてみなさんと会場へ行きました。

メインストリートのRüütli(リュートゥリ)通りを歩き、タリン門を目指します。

 

 

Rüütli(リュートゥリ)通りに可愛い扉を発見!

 

 

予想以上に出店数が多く驚きました。

食事のテントはもちろんたくさん出店してましたが、民芸品やハンドメイド作品を出店しているお店も多く、

まるでラトビアで毎年開催されている森の民芸市のようでした。(森の民芸市よりはやや少ないとは思いますが・・・)

ハンザ同盟時代のコスチュームを着た人達のライブもありましたね。

 

 

 

演奏しながら馬車で登場したミュージシャンの人達

 

 

 

立派なお馬さん

 

 

 

ハンザ同盟時代のコスチュームを着た女性

素敵です

 

 

 

ミュージシャンのライブ

 

 

 

約1時間ほどみなさんお買い物やライブを楽しんでいました。

ペイントされたカゴや洋服を買ったりとみなさんとてもお買い物上手。

後に知りましたが、ハンザ同盟祭りはハンザ同盟があった場所で開催されるらしく、ヴィリヤンディやタルトゥでも行われるそう。

他の地域での規模は分かりませんが、パルヌでのハンザ同盟祭りはかなり楽しめました。

この時期、旅行される方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

このあと、パルヌで人気のあるカフェ「Kadri Kohvik」へ。

 

 

エストニアの民族衣装を着た女性の看板が目印です

可愛い看板と一緒に記念撮影

 

 

このカフェではエストニアならではの家庭料理が食べれるお店として人気。

おばあちゃんがやっているお店です。

 

 

店内には大きなムフ刺繍のパネルが飾られていました。

 

ムフ刺繍の作品

 

 

 

この日食べたランチ。

 

ディルがたくさん入ったスープ

 

 

 

お肉とソバの実

 

 

 

ジーマと打ち合わせをしながらの食事

ちなみにTシャツは私からのお土産です

かなり気に入ってくれたようで良かった

 

 

 

 

ちなみに今回のランチで一番驚いた食べ物はこちら。

ルバーブのジュレのようなものにクリームが入ったもの。

見た目的に味が想像できず恐る恐る食べましたが、これがとても美味しかった。

エストニアではポピュラーなデザートのようです。

 

 

ルバーブとクリームのデザート

 

 

 

 

 

食後、バスに乗って港へ。

これからいよいよキフヌへ向かいます。

 

 

つづく。

 

***************************************

ちくちくバルト舎期間限定ショップ

「ちくちくバルト舎*秋の雑貨店」

 

日時:10/12(土)〜14(月)、18(金)〜21(月)

場所:Mitteplatz 402号室 東京都文京区本郷3-33-3 本郷ビル402
東京メトロ丸ノ内線「本郷三丁目駅」下車 徒歩3分


みなさまのご来店お待ちしております。

***************************************

 

 

コメント