ムフスカートを作る Muhu seelik

エストニア6日目・ムフ島4日目。

 

今日はTiinaさんによるムフスカートレッスン。

 

まずはスカートの説明。

 

前中心をどの柄にするのかを決めるところから始まります。

 

Tiinaさんが高校生の時に作ったスカート(Seelik)

 

 

太いライン〜太いラインの間に柄が2種類あり、どちらを中心にするかまず決めます。

 

私が作るスカート(seelik)の生地

Astaさんが織った生地です

 

 

上の写真の柄続きが下の写真の柄になります。

 

私は上の写真の柄を前中心にすることにしました。

前中心が決まったら、スカートを筒状に縫って開きを作ります。

 

開きが出来上がったらウエスト下をスモッキングします。

 

 

写真のようにスカートの前中心の部分はだけスモッキングはしません。

 

今日は開きから前中心手前の柄までをスモッキングして、レッスン終了。

 

レッスン終了前のコーヒーブレイクの時間に、ムフスカートについての素朴な疑問をTiinaさんに尋ねました。

 

ムフ島では黄色とオレンジ色のスカートがありますが、違いは一体なんなのか。

オレンジ色のスカートは第二次世界大戦前で、第二次世界大戦後から黄色のスカートになったそうです。

もっと昔は黒のプリーツスカートを着ていたようです。

 

ムフスカートの生地や歴史について学べた貴重な1日でした。

 

 

 

Estonia Day 6 · Muhu Island Day 4.

Today Muhu skirt lesson by Tiina.

First of all, the skirt explanation.

 

It starts with deciding which pattern to use for the front center.

 

(photo1)

Skirts made by Tiina as a high school student (Seelik).

 

There are two kinds of patterns between the thick line and the thick line, so decide which one to use as the center.

 

(photo2)

The fabric of the skirt (seelik) I make.
It is a fabric woven by Asta.

 

(photo3)

 

The pattern on the top of the picture becomes the handle of the bottom photo.

 

I decided to front center the pattern of the photo above.
When the front center is decided, sew the skirt in a tubular shape to make a open.
I will smocking under the waist when the open is finished.

 

(photo4)

 

As in the photograph, the front center part of the skirt does not smock embroidery only.

 

Today, smocking from the opening to the pattern before the front center, the lesson ends.

 

At the time of the coffee break before the end of the lesson, I asked Tiina a simple question about Muhu skirt.

 

There are yellow and orange skirts on Muhu, but what is the difference?

Orange skirt was before the World War , and it seems that became a yellow skirt after World War II.

It seems that they wore a black pleated skirt a long time ago.

 

It was a valuable day that I learned about Muhu skirt's fabrics and history.

 

コメント