Obinitsaからタリンへ

JUGEMテーマ:バルト三国

 

こんにちは。

先週は関西地方の台風に続き、北海道での地震と災害が続き、心が痛む1週間でした。

被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

 

今日は新月ですね。

何かをスタートするにふさわしい日という事で、今日から頑張って満月の日まで毎日ブログを更新する事を目標にしたいと思っています。

 

すでに3ヶ月経ちましたが、旅日記の続きをどうぞ。

 

 

***********************************

 

Obinitsaからタリンへ。

タリンのバス停でジーマとフィーヤが迎えに来てくれました。

 

 

彼らがロシアへ行く前に一緒に食事しようと、フィーヤの実家へ行くことに。

(この頃はちょうどロシアワールドカップ開催直前の時期でした)

 

 

タリン市内にあるフィーヤの実家。

パパ、ママ、おばあちゃんと一緒にママお手製のロシアの家庭料理を頂きました☆

 

 

ロシアの家庭料理

スープがとても美味しかった♪

 

 

 

ロシア料理は大好きなので、美味しい家庭料理が食べられて幸せ。

特にスープとブリヌイ(ロシアのクレープ)が美味しかった〜。

ジーマはフィーヤのママが作るブリヌイが大好物のようで、たくさん食べていました(笑)

ブリヌイに料理を入れて巻いて食べるのですが、本当に美味しくて食が進みます。

 

 

食事をしながらツアーで作った黒パンの話や一人旅したセト地方の話など、みんなで楽しい時間を過ごしました。

 

 

帰りに飼い猫のLucieとご対面。

 

フィーヤの愛猫Lucieちゃん

美人さんです!

 

 

すごく綺麗な猫ちゃん。

とても人懐っこくて、私の鼻に自分の鼻を擦り寄せて挨拶してくれました。

 

余談ですが。

私、昔から猫に好かれる性質で、特に女の子の猫から初対面に挨拶されることが多い。

夫の連れ猫クーと初めて会った時もいきなり寄ってきてお腹を見せて撫でてくれと挨拶されました。

友人の猫にも寄ってきて挨拶されたことあったな〜。

 

 

Lucieとの触れ合い時間を堪能して、フィーヤとホテルへ戻りました。

 

 

思いがけずタリンの住宅街や生活の様子などを見ることが出来て、とても良い経験でした。

駐車場がかなり衝撃的でしたが。(ブログでは説明出来ません〜)

 

タリンで車を運転するのはかなり怖そう。

そして駐車も慣れないと難しいと思う。

 

車の免許を持っていない私ですが、これからの事を考えて免許を取ろうかなと考え中。

もちろんエストニアで運転することを思ってのことですが。

でもタリンでは怖くて絶対運転出来ないな〜。

 

そんなことをグルグルと考えた夜でした。

 

 

 

つづく。

 

 

コメント