おとぎの島キフヌへ

JUGEMテーマ:バルト三国

 

 

ツアーが終了してから丸1ヶ月。

帰国してからイベントがあったり、刺繍講座が始まったりと目まぐるしい日々を過ごしています。

 

そして昨年の手芸修行出発からちょうど1年経ちました。

バルト三国はもちろん日本でも今まで会うことがなかっただろう人達と出会えたことは私の宝物☆

 

そして見知らぬ外国人を受け入れてくれたエストニアのマスター達に感謝、感謝、感謝です。

帰国してからイベントや、ワークショップ、そしてツアー。

準備することばかりで、なかなか作品製作出来ない状況でしたが、1年経ってようやく落ち着いてきました。

 

ただ今、秋頃に個展を開催しようと計画中。
オリジナル作品をどんどん作っていこうと思ってます。

これからも手芸や雑貨を通じてエストニアをはじめとするバルト三国の魅力をお届け出来るよう頑張ります!

 

それでは旅日記の続きをご覧ください。

 

 

*******************************

 

 

6月4日

 

早朝。キフヌへ向けて出発。

 

この日はかなり寒かった。

バスで約1時間。Munalaid港へ。

フェリーに乗り更に約1時間後、キフヌ島へ到着。

 

 

まずはキフヌ博物館へ。

外観、内装ともに少し変化が。

以前は外壁には絵が描いてありましたが、絵が塗りつぶされ1色になっていました。

博物館の展示室も少し綺麗になっていて以前とは少し変わっていました。

 

初めに博物館の方から展示物についてガイドして頂いた後、ワークショップスタート。

 

この日はとてもスケジュールがタイトだったので、1時間で出来るハートの紐を手で編むワークショップを行いました。

全員が参加し、とても楽しくハート紐を編むことが出来ました。

 

キフヌの民芸ハート紐

 

 

その後、お土産屋さん「LOHU POOD」を営むEllaさんの元へ。

そこでキフヌの民族衣装Pastrad(靴)の作り方をレクチャー。

 

キフヌ島でお土産物屋さんを営んでいるEllaさん

 

 

Ellaさんの娘さんがPastradの履き方も実演してくれて、理にかなった履き方にちょっと感動。

靴下がずり落ちないようにPastradの紐で留めるようにしていました。

 

Pastradの履き方をレクチャー

 

 

 

靴下が落ちないように紐で留めています

 

 

Pastradを身につけた後ろ姿

 

 

夏以外のイベントの際はキフヌの民族衣装を着ている私ですが、次回からはキフヌの靴下にPastradを履いてみようと思います。

 

 

 

Ellaさん親子とお別れをして、キャンプ場へ行き昼食。

 

ここのキャンプ場も2年間のツアーで昼食を食べた場所。

その時はハチが凄くて、ハチを気にしながらの食事で大変でした。

今回は時期的にまだ早かったのかハチはいなくて落ち着いて食事することが出来ました。

 

昼食のメインはチキンソテー

 

 

ハーブ入りのご飯と黒パンを添えて

 

 

更にチキンの上にホワイトソースをかけて食べました。

ご飯とマッチしてとても美味しかったです。

 

 

食後、Röösiさんのアトリエへ。

キフヌのおばあちゃん達によるコンサート。

 

 

エストニア独立100周年の今年。

アトリエにエストニア国旗が立ててありました。

 

 

私にとっては3度目のコンサートですが、この光景は何度見ても感動します。

この日は風も強くて本当に寒く、おばあちゃん達も大変そうでした。

 

 

この日はベルト織担当の女性の娘ちゃんが登場

着ているセーターがとても可愛かったです

 

 

 

久しぶりにRöösiさんと再会☆

私に気づいてくれました。覚えていてくれてホッ。

お土産を渡すとキフヌのカレンダーをプレゼントしてくれて嬉しかった♪

 

Röösiさんからプレゼントして頂いたキフヌのカレンダー

 

 

 

キフヌ島ガイドさんに連れられて教会へ。

そしてキフヌ博物館へ戻り、民族衣装を着る体験。

 

フィーヤ(左)をはじめ、ツアー参加者のYちゃん(右上)とSさん(右下)

 

 

博物館の方に民族衣装の着方やプラトークのかぶり方をレクチャーして頂き、順番にみんなで着て楽しみました。

Yちゃんはこちらでキフヌのスカートであるkörtをお買い上げ。

2年越しの夢が叶って良かったね。

 

 

フェリーの時間までまだ少しあったので、灯台も行くことが出来ました。(今回は登らず眺めるだけでしたが。)

そして運良く、オートバイを持っている方がいたのでオートバイでのフォトセッションをさせて頂きました。

 

灯台の前でバイクに乗って撮影

 

 

あっという間のキフヌ滞在でしたが、やりたかったことは全て出来て濃厚な時間でした。

 

 

つづく。

 

コメント