中世の街並みタリンを楽しむ

JUGEMテーマ:バルト三国

 

こんばんは。

今日は少し暑い一日でしたね。

春を通り越して初夏になってしまうのかな。

 

 

昨日、6月のツアーで同行してくれる通訳のジーマさんからタリンの写真が届きました。

アンティークマーケットの写真ですが、地面には雪が。

4月なのにエストニアはまだ冬。

写真を見るからにとても寒そうでした。

 

 

ツアーイベントでご紹介したアンティークマーケットの写真が2年前のものだったので、

現在も同じところにあるのかそれとも昨年新しくOPENした「BALTI JAAMA TURG」に移動したのか調べてくれました。

 

2年前に行ったこの建物には今はBarが入っているそうです。

とても寒そうなお天気

 

 

 

そしてアンティークマーケットはやはり「BALTI JAAMA TURG」の2階に移動したようです。

 

BALTI JAAMA TURGの2階にアンティークマーケットがあります

 

 

 

さて、今日もツアーで訪れる場所をご紹介したいと思います。

 

ムフ島からサーレマー島へ移動し、黒パン作りのワークショップを行います。

その後、サーレマー島の中心地クレッサーレ行き、1泊します。

 

クレッサーレは軽井沢に似てるかなと個人的に思います。

お土産屋さんがたくさんありますよ。

 

 

クレッサーレ城もあります

 

 

今回は夕方の到着の予定なので、夕食の前後で少しだけお散歩が出来るのではないかと思います。

クレッサーレ城は外から少し眺められるかな。

 

 

そして5日目。

 

早朝よりバスでタリンへ移動。

 

午前中はタリンにある野外民族博物館へ行きます。

こちらはエストニア全土の昔の建築物などが移築してあり、昔の街の様子を楽しむことが出来ます。

 

木製風車

 

 

 

昔の教会

藁葺き屋根です

 

 

 

野外民族博物館を出て、タリンの旧市街地へ。

 

旧市庁舎

 

 

 

旧市庁舎前広場

 

 

こちらで昼食をとった後は時間を区切りながら自由行動にしたいと思います。

 

旧市街地、そしてタリン駅のそばにある市場やアンティークマーケットなどもご案内する予定です。(最初の写真の場所です。)

 

BALTI JAAMA TURG

地元の食材を始め、アンティークマーケットがあります

 

 

先日のツアープレイベントでご要望があった手芸用品店もご案内します。

こちらでは毛糸を始め、用具や、生地なども購入して頂けます。

 

民族衣装の生地や手芸用品を売っているお店

 

 

エストニアの老舗チョコレートメーカー「Kalev」

こちらのお店もご案内する予定です

 

 

アンティークマーケットではソ連時代のキャラクターグッズやバッチなど、かなりレアな商品を見つけることが出来ます。

オススメはモスクワオリンピックでボート会場だったタリンのキャラクター「ヴィグリ」。

 

手前のコースター、後方右から2番目と3番目の人形がヴィグリです

 

 

モスクワオリンピックと言えばミーシャが有名ですが、このアザラシのヴィグリも可愛いです。

 

 

5日目はほぼ一日タリンなので、お買い物や観光をたっぷり楽しんで頂けると思います。

 

 

6日目は朝タリンを出発し、モスクワ空港で乗り換えて成田へ向かいます。

 

 

 

ツアーで訪れる場所やポイントは以上となります。

内容としてはかなり充実した内容になっていると思います。

 

 

是非一緒に楽しい旅をしませんか?

ツアーのお申し込みお待ちしております。

 

 

 

ラインラインラインラインラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインライン

 

「ラトビア森の民芸市とエストニア可愛い手芸を巡る旅」

ツアー参加者募集中です。

 

ツアーのお申し込み締め切りは4月27日(金)まで。

 

お得な早割は4月20日(金)までです!

 

お申し込みはお早めに〜!!

 

 

ツアーの詳細、お申し込みはこちら

ジェーアイシー旅行センター株式会社

「ちくちくバルト舎と行く ラトビア森の民芸市とエストニア可愛い手芸を巡る旅」

http://www.jic-web.co.jp/tour/russia/n1_3037.html

 

 

お申し込みお待ちしております。

ラインラインラインラインラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインラインライン​​ラインラインライン

続きを読む >>