旅するエストニアツアー4日目:セトレーロ

JUGEMテーマ:海外ツアー

 

 

お篭り生活も長くなりましたね〜。

東京はもうすぐ解除になりそうですが、まだまだ予断は許さない感じ。

エストニアは18日に解除になったようで、交通量も人出も少し増えてきているようです。

元どおりとはいかないと思いますが、1日も早く普通の生活に戻りたいですね。

 

 

さて、前回のブログの続きです。

 

 

食事の後、レストランの庭へ。

 

セトレーロの合唱チームがスタンバイしていらっしゃいました。

 

セト地方の衣装を纏った合唱チームの皆さん

 

 

 

 

レストランの庭にてユネスコ無形文化遺産に認定されている多声歌唱「セトレーロ」を聞きました。

 

 

 

 

 

重い衣装を纏っているのにくるくると回ったりして踊るのがとても可愛い。

 

 

 

「セトレーロ」の中で、歌いながらみんなで踊るものがあり、ツアー参加者の皆さんも参加。

とても楽しそうでした。

 

ツアー参加者の皆さんと輪になって踊るセトの皆さん

 

 

 

 

レストランのマダムがお庭でハーブを摘んで、ハーブティーを入れてくれました。

皆さん、ハーブティーやコーヒー飲みながらデザートを食べたりして、何とも贅沢な時間。

 

 

摘みたてのハーブ

 

 

デザートのクランブルケーキ

エストニアではとてもポピュラーです

 

 

歌を聞いた後、セト地方独特の民族衣装を細かく見せて頂きました。

 

胸元や首にはシルバーの飾り

このネックレスがとても重い!

 

 

 

エプロンにさりげなくかぎ針レース

 

 

 

織物の生地端にカラフルなかぎ針レース

 

 

髪飾りの後ろ姿

 

 

 

 

レストランでは数匹の猫が飼われていて、どの子も美人さん。

そして人に慣れているのか逃げないですね。

 

レストランの猫ちゃん

美人さんです

 

 

 

 

レストランから宿に戻るまで一人でふらふらとお散歩しました。

道端にはたくさんの花々が咲いていて素敵。

矢車菊やマーガレット、エルダーフラワーなど。

ムフ刺繍に使われているモチーフの花をじっくり見ることが出来て良かった。

 

 

道端に矢車菊(Rukkilill)がたくさん咲いていました

 

 

 

エルダーフラワー

 

 

 

お花を見ていると刺繍に対する気持ちがいろいろ湧き上がってパワーをもらいました。

お花のエネルギーって本当にすごい!

 

いつもエストニアに来ると、自然に触れることでとても浄化されます。

 

翌日はObinitsa博物館へ。

去年会ったÕieさんに会えるといいな☆

 

 

続く。